電通は Extentia の買収により、Salesforce の世界でのサービスを拡大

クラウドとユーザー エクスペリエンスで世界的に活躍するインド企業が、電通インターナショナルのテクノロジー部門であるマークルに参加

主な市場操作 電通 デジタル部門で。 五十嵐浩氏が会長兼CEOを務める日本の広告グループは、株式の過半数を取得したと発表した。 エクステンシアグローバルなセグメント主導のテクノロジーおよびサービス企業 クラウドとユーザー エクスペリエンス。

したがって、エクステンシアは メルケルグループの日本市場外での活動を管理する会社である電通インターナショナルの技術部門であり、すぐに新しい名前を取得します。 Extentia、Merkle Company で.


また読む: ADTECH 市場を変えた 10 の買収


このようにして、Merkleは拡張できるようになります Salesforce の世界での彼のスキルよりスケーラブルなアクティビティを期待しながら、 その地理的プレゼンスをインドに拡大します。 1998 年に設立された Extentia は、プネーとバンガロールの 2 つのオフィスで 800 人近くの従業員を擁しています。 Extentia は、Salesforce Crest のパートナーであり、クラウド コンピューティングの巨人のアウトソーシング製品開発に関与している世界 9 社の 1 つです。

この事業は、電通が発表した、いわゆるカスタマー トランスフォーメーション & テクノロジー活動によって生み出される売上高の 50% のシェアを達成するという計画の一部です。



Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です