韓国が海上国境の北に3発のミサイルを発射

(ANSA) – 北京、11 月 2 日 – 韓国は、今日の平壌からのミサイル発射に対応して、南北海上国境の北の水域に 3 つの「精密空対地ミサイル」を発射した。 ソウル軍が伝えた。 韓国軍は、今日北朝鮮から発射されたミサイルが最終的に到達した「地域に対応する距離にある北の境界線の近く」の水域に向けて3発の精密ミサイルを発射したと述べている。 統合参謀本部は声明で、ソウルが「いかなる形の挑発にも断固として」対応するつもりであることを示した. この反応は、北朝鮮の発射を非難した韓国軍によって表明された非常に厳しい判断に近いものであり、そのうちの1つは「耐えられない」と定義され、北朝鮮の分割以来初めて南の領海近くの地域で終わった.韓国。 半島が 2 つの部分に分かれたのは 70 年以上前のことです。 実際、その日の初めに、北朝鮮は少なくとも3発の短距離弾道ミサイルを日本海に向けて発射し、元山地域からの一隊が韓国との事実上の海上国境を越えて飛んだ.ソウル捜査。 「北朝鮮のミサイルは、朝鮮半島の分割以来初めて、北の境界線の南にある私たちの領海近くに着陸し、耐え難いジェスチャーをした」と司令部は述べ、「私たちの軍は断固として対応することを約束した」と保証した. 挑発する”. (MANIPULATE)。

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です