(私たちが取り除いた)戦争は拡大し、厄介になります。

5 月は確実に 5 月に終わります。 ウクライナ戦争? 今日が8月であり、戦争が終わっていないだけでなく、その規模、領土、いわば邪悪さが増していることを誰も覚えていません。 ~から始まった戦争の予言 ロシアの侵略 2月24日、5月で終わる彼女は誰の娘でも何でもなかった。 それは強力で差し迫ったものから直接生まれました.8月に入った今、この戦争を抑制したいという私たちの地元の願望が支配的です.もしそれが現実に終わらないのであれば、実際には悪化しています.それを私たちの日常生活の中での存在として終わらせ、それを悲しくて醜いものにする絶好のポイントにします。すべてがあなたのビジネスです。

投票する最も重要なことは…ここにありません

私たちの現実の生活の目的にとって最も重要なことは何ですか? 一括減税? 市民権収入の存続または排除または増加? 引退する年齢は? 人生の終わりの法律? 教師の給料? エネルギーを利用するための酸素ボンベの再ガス化装置か、それとも廃棄物をエネルギーに変えるプラントのような悪魔的な機械か? インフレ、財政の平和? 階級のネオ・ファシストとファシストではないジョルジア・メローニの有権者は、たとえ彼がファシストだったとしても、選挙で1イオタを変えることはありませんか? 人生の終わりの法律? 市民権に関するもの? または、誰もが下船することを禁止する法令、誰がその方法を知っていますか? これらのどれも最も重要ではありません。 これらの選挙で最も重要なことは、選挙運動ではなく、人々の頭の中ではありません。 実際には、もしあれば、実際にはあります。 しかし、後で、ずっと後でわかります。

この選挙の結果によって決定される最も重要なことは、あなたが誰と一緒にいるかということです。 あなたは誰と一緒にいますか、お元気ですか、そしてあなたが本当にいるなら. 西側諸国(アメリカ、カナダ、イギリス、EU、オーストラリア、日本、韓国…)と、それを考慮している政権や国との間で、あちこちで武装した対立が惑星レベルで起こっている年に、あなたは誰と一緒にいますか?西側は運命づけられ、有害であり、同行し、その衰退に追い込むことさえあります(ロシア-中国-イラン…)。 また、インド、アフリカの半分、南アメリカの一部が同じことをしようとしています。 あなたは誰と一緒にいて、どのようにそこにいて、あなたが本当にそこにいるなら:どのくらいのエネルギー、どのくらいの原材料、どの生産物、どの生産チェーン、どの商品、どの経済、どの個人の財布と聴衆が依存するか. 比較の残りはおかずです. 何をどのくらい自由にするか、誰と一緒にいるのか、どのようにそこにいるのか、そして本当にそこにいるのかを考えたくない人でも、どれだけ稼ぐか、何に住んでいるか、どのような仕事をしているか、何をしているかを決定します。収入はそれを与えます。 イタリアの政治家も、選挙運動も、国民もそれを知りません。 ここで、ポピュリズムの完全な学術的表現が行われます。ポピュリズムとは、知らないこと、知りたくないこと、知っていること、知ってもらいたいことに対して抑えきれない苛立ちを感じていることです。 ここで、ウクライナでの戦争で、それはそのようなものです。

クリミアとベラルーシでの攻撃

ロシアの軍事基地への攻撃の成功 クリミアとベラルーシ. したがって、成功した攻撃は最前線の背後に到達します。 これは、侵略から 6 か月後に侵攻しているロシア軍自体が、軍事的解決を課すことができないという証拠です。 したがって、戦争は継続し、悪化している。なぜなら、モスクワ、プーチン、彼の政権は、軍事的行き詰まり、停戦に起因する休戦を容認できないからである。誰も勝てないからである。 それは続き、意地悪です。

ザポリジア

1つのインプラントの周りでお互いを撃つことの有用性を駆り立て、納得させるもの 原子力発電所? 飛行機の機体で機関銃の発砲を交わすようなもので、搭乗者全員を殺して自殺する可能性が高くなります。 しかし、ロシア人とウクライナ人は、ヨーロッパ最大の原子力発電所の周りで砲弾を交換します。 彼らは、工場周辺だけでなく、敵の全滅が貴重な戦略的エスカレーションでこれを行います. ウクライナでの6か月の戦争の後、原子力発電所は、大陸としてのヨーロッパに直面して文字通り爆発する可能性があります…しかし、おそらく、実際には、それについて考えない方がよいでしょう. 私たちが本当に一緒にいるのなら、私たちが誰であるか、どのようにいるかについて考えないでください。 多分、剥がして剥がす、樽の中で魚をシミュレートする、凹凸になる、剥がれる…

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。