2000年代の日本の現代美術展をミラノで開催

2023 年 2 月 12 日まで、ミラノの PAC では、2000 年代の日本の現代美術を探求する展覧会「Japan. Body Perform Live」を開催し、アーティストの身体とパフォーマンスに関するトレンドに焦点を当てています。

日本。 隊員が生演奏 は露出です PAC – ミラノの現代美術パビリオン 2023年2月12日まで歓迎し、さまざまな表現を探求します日本の現代美術二千年主に i に関するトレンドに焦点を当てる アーティストの体の要素について パフォーマンスそれに関連するダイナミクスと動きについて。

飯田志保子とディエゴ・シレオが主催するこの展覧会プロジェクトは、現代美術の系譜をコンテクスト化することを意図している。 戦後日本の前衛、または最近では、展示された作品間の多層的な対話を生成します。 身体表現と社会、環境と物質性、そして技術との関係を批判的に分析することにより、関係するアーティストは、生と死のビジョン、アイデンティティ政治の切迫感、社会政治が芸術的実践を通じてどのように明らかにされるかを語ります。

出演アーティストは会田誠、ダムタイプ、指差し職人/竹内公太、片山麻里、小泉明郎、毛利裕子、村岡三郎、オノ・ヨーコ、志賀理恵子、塩田千春、菅木志雄、臼井由依、山崎亜美、山城千佳子、冬木。山川、田中敦子、白髪一夫。

詳細については: https://www.pacmilano.it/

営業時間: 火曜日、水曜日、金曜日、土曜日、日曜日の午前 10 時から午後 7 時 30 分まで。 木曜日の午前 10 時から午後 10 時 30 分まで。

月曜定休。

画像:山城千佳子 マッドマン (2016) あいちトリエンナーレ2016との共作 © Chikako Yamashiro. Yumiko Chiba Associates 提供。

展示会情報

タイトルショー 日本。 隊員が生演奏 ミラノ 場所へ PAC – 現代美術パビリオン あなたの家で 2022 年 11 月 22 日から 2023 年 12 月 2 日まで アーティスト 塩田千春オノ・ヨーコ会田誠バカな人指差す労働者 / 竹内公太片山麻里小泉明郎毛利裕子村岡三郎志賀理恵子菅木志雄臼井ゆいあなたは山崎が好きです山城千佳子山川冬樹田中敦子白髪一夫 保守派 ディエゴ・シレオ飯田志保子 テーマ ミラノ日本美術



2000 年代の日本の現代美術がミラノの PAC で上演されます

この記事が気に入ったら
購読する 雑誌アートの窓.
ブラウズ、読み、ハイライト、収集するための 176 ページ。
176 ページの新しい限定記事とアイデア。
ご自宅で直接受け取れます。 ニューススタンドでは見つかりません!

176 ページ、年間 4 回発行、価格は €39.90

申し込む
アートの窓

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です