2023年に欧州で発売予定のHondaアーバンSUV ZR-Vが日本初登場

ホンダは、中国の ZR-V のより洗練されたバージョンである新しい ZR-V を日本で発表しました。 いくつかの美的変更に加えて、新しい日本の ZR-V は e:HEV バージョンでも利用可能であり、来年中にヨーロッパに到着するバージョンでもある AWD ハイブリッド パワートレインを備えています。 予想通り、日本のZR-Vは、いくつかの審美的な変更に加えて、特に道路のレイアウトに関連する革新を利用できるようになり、2023年にそれを運転できるようになるヨーロッパのドライバーにも役立ちます.

ヨーロッパ向けバージョンの美的ディテール

外観上の最も顕著な違いは、フロント バンパーの黒のクラッディングをなくし、より均一なボディ カラーの外観になっていることです。 グリルには、ハニカムパターンの代わりに垂直スロットという特別な処理も施されています。 同様に、ホイール アーチ トリム、サイド スカート、リア バンパーはボディ同色で、リアにはアルミニウム スタイルのインサートがあり、追加で計画されているデュアル テールパイプが収納されています。

青色は電動モーターを表します

ホンダのロゴには、電動化されたエンジンとテールゲートの e:HEV バッジを表すブルーのアクセントも特徴です。 内部のデザインは、統合されたエアベント、物理的な気候コントロール、インフォテインメントを処理するタッチスクリーン、デジタルのダッシュボードなど、米国仕様の HR-V と同じです。 ただし、日本のバイヤーには、中央トンネルに挿入されたボタンを含むオートマチック トランスミッションの新しいデザインがあり、CR-V で導入されたものと非常によく似たソリューションです。

新型ZR-VはAWD仕様も設定

さらに、より高級感を演出するいくつかの張り地オプションがあります。 おそらく最大のニュースは、新しい ZR-V が、2,000cc エンジン、EV モードの CVT ギアボックス、および 2 つの電気モーターを組み合わせた AWD ハイブリッド システムが付属していることです。 ホンダは詳細な仕様を明らかにしていませんが、ホンダの最もホットなモデルの第 11 世代である新しいシビック e: HEV のボンネットの下にあるものと同様のハイブリッド ユニットであり、合計で 184 馬力を発揮します。

もっと詳しく知る

ヨーロッパ上陸は2023年予定

電動化オプションの他に、日本のZR-Vには、1,500ccターボエンジンと4輪すべてに動力を送るCVTトランスミッションを組み合わせたガソリンバリアントも用意されています。 ホンダは、2022 年末までに日本市場で発売する前に、9 月に ZR-V の予約注文を開始します。専用の期限がある他の市場とは異なり、ヨーロッパ諸国は、リストにあるバリアント e:HEV のみを受け取ります。 日本の家屋のヨーロッパのハイホイールモデルの残りの部分について。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です