2023年ペストリーワールドカップでイタリアが3位、日本が勝利

イタリアは、2023 年のペストリー ワールド カップで銅メダルを獲得し、料理の記録に新たなメダルを追加しました。参加 17 か国のうち、 ブルートリオは3位に終わった フランスと日本に後れを取り、リヨンで「風と軽さ」にすべてを賭けて勝利を収めたライジングサン (表紙写真: Christophe Pouget)。

ワールド ペストリー カップ 2023 イタリアのチーム – によって形成された マルチナ・ブラケッティ、アレッサンドロ・プティート、ヤコポ・ゾルジ – 2021 年に獲得した 1 位に続いて表彰台にとどまり、ベルパのペストリーのレベルの高さを強調し続けています。 チームは、2015 年と 2021 年にすでに世界チャンピオンであったコーチに加えて、テクニカル ディレクターのエマヌエーレ フォルコーネとクラブ イタリア プレジデントのアレッサンドロ ダルマッソによってサポートされました。

イタリアチームがもたらした 10 時間の作業の後、テーブルに置かれた 4 つのケーキ: アイスクリーム ケーキ、ロリポップ、チョコレート ケーキ、レストランでのデザート。 提案された作品はすべて気候変動をテーマにしたものでした。このため、パティシエは環境を尊重し、添加物や着色料を避ける原材料を使用する必要がありました。

しかし、最も多くの賞を受賞したのは、高橋萌絵、鈴鹿成年、柴田雄策で構成された日本チームで、 「風と軽さ」をイメージしたデザート. コンペティションの会長であるピエール・エルメは、次のように述べています。 「日本のパティシエの素晴らしい資質は、細部へのこだわり、忍耐力、そして献身です」.

この勝利で イタリアが9度目の表彰台: 実際、2007 年以来、トップ 3 に入っています。 ペストリーワールドカップ最も権威のある国際的なペストリー コンテストは、奇数年ごとに開催されます。

まだ地元の卓越性について言えば、ここに 世界のベスト イタリアン レストラン 50 軒.

Shimabukuro Kasumi

「悪のクリエーター。学生。情熱的なゲーマー。筋金入りのソーシャル メディア オタク。音楽ジャンキー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です