2023 マツダ CX-5、マイルド ハイブリッド、新しいトリム レベル

も更新の時期です マツダ CX-5 これは、エンジンと利用可能な機器の両方の観点から、いくつかの新機能で強化されたモデルイヤーで2023年を見据えています。 したがって、コンパクトSUVは、快適さと範囲の名前で進化しており、広島を拠点とする家はすでにCX-5 2023の注文を開始しており、日本ブランドのハイホイールモデルの価格表は €36,700.

の最大のニュースは 2023 マツダ CX-5 M ハイブリッド 24V システムの導入により、2.0 リッター 165 馬力および 2.5 リッター 194 馬力のガソリン エンジンが組み合わされ、以前よりもさらに効率的になりました。 日本のメーカーによると、この構成では、コンパクトSUVのエンジンは、以前のバージョンと比較して燃料消費量を5〜8%削減できます。 MHEV技術 減速時に回収されたエネルギーを使用し、電気モーターとして機能するISGに電力を供給して内燃エンジンをアシストします。 24V リチウムイオンバッテリーは車輪の間に配置され、室内スペースへの影響を最小限に抑え、重量配分を最適化し、衝突安全性に貢献します。 エンジンの範囲には、ガソリンユニットと並んで、150 hp と 380 Nm のトルクの 2 つの出力レベルを持つ 2.2 リッター ツインタービン ディーゼルが含まれ、前輪駆動とマツダ全輪駆動 i-Activ AWD の両方で利用できます。 6 速マニュアルまたはオートマチック ギアボックスと、オートマチック ギアボックスに関連付けられた全輪駆動で 184 馬力と 450 Nm のトルクを備えています。

新しいCX-5は、快適性と標準装備に関していくつかの新機能も提供しています。 センターコンソールに統合された電話用のQiワイヤレス充電ベースに加えて、すべてのバージョンで利用できるようになった電動ステアリングホイールとフロントシートのように。 コンパクトSUVも提供 タッチスクリーン Apple Carplay および Android Auto と互換性のあるインフォテインメント システムの。 接続を提供するために、標準の高速 USB-C プラグも追加されました。 ボディ カラー パレットに新しいロジウム ホワイト プレミアム シェードが追加されました。これは、日本の美学にインスパイアされたピュア ホワイトです。その豊かな深み、明るさ、洗練された木目により、表面の光と影の遊びが強調され、フォルムの堅牢性が強調されます。鼓童デザインのエレガンスと相まって。

別の目新しさは、の構造です。 段取り現在、センターライン、エクスクルーシブライン、ホムラ、タクミの4つです。 これらに、特別なバージョンの Advantage と Newground が追加されました。 センター ライン トリム レベルには、19 インチ アロイ ホイール、フル LED ヘッドライト、ビデオ カメラ付きパーキング センサー、ナビゲーター付きインフォテインメント システム、ワイヤレス接続の Apple CarPlay と Android Auto、リア モニターやレーンなどの安全システムなど、すでに豊富な標準装備が含まれています。エクスクルーシブ ライン トリムは、電動テールゲート、BOSE 10 スピーカー オーディオ システム、LED マトリクス付きヘッドライト、ドライバー アシスタンス システムのフルセットなどの他の要素を追加します。

ほむら装置の特徴は スポーティーなキャラクター グリルやバンパー下部、ドアミラーなどにグロスブラックを採用し、18インチアルミホイールを採用することで、ボディ全体に気品と躍動感を与えている。 インテリアは、赤いステッチが入った専用のブラック レザー/スエードの張り地が特徴です。 一方、タクミ トリム レベルは、ナッパ レザーの手触りの柔らかさと本物の木目の贅沢な織りが特徴のインテリア トリムを提供し、ベンチレーテッド シートを含む電動調節可能なシートが追加されます。 しかし、エクステリアでは、車の高級感を際立たせるクロームのディテールが見られます。 2 つの特別リリースの最初のリリースAvantage は、セントラル ラインをベースに、電動テールゲートや重要な運転支援システムなどの機能および安全要素を追加しています。 一方、ニューグラウンドのスペシャルバージョンは、アドバンテージから始まり、エクステリアはサテンシルバーカラーの前後アンダートリムや専用のグリーンライム仕上げなどの特別装備によるオフロード感が特徴。インテリア。 価格表は、2.2リッター184馬力のディーゼルエンジンを搭載したタクミバージョンの場合、最大50,050ユーロまで延長されます。マツダCX-5 2023の最初のユニットは、2月にディーラーに到着します。



全著作権所有




Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です