5ドアが来る

すぐにオフステージ – 2020 年 1 月に施行された最新の公害防止規制により、小型全地形万能車に対する欧州の関税が撤回されました。 スズキ ジムニー、後にN1ホモロゲーション、つまりトラックとして日本の会社によって再提案されました。 噂によると、スズキはハイブリッドエンジンを搭載したジムニーに取り組んでいるため、ヨーロッパ市場に戻る可能性があるため、状況はすぐに変わる可能性があります.

5ドアでもコンパクト -しかし、についてのニュース スズキ ジムニー の画像からわかるように、実際にはそれだけではありません。 カースクープ日本の家はまた、延長されたホイールベースと 5つのドア. カモフラージュにもかかわらず、ボディワークの形状は明らかで、2018 年に誕生したモデルに忠実なままですが、より長く、追加のドアが存在します。 5ドアのスズキ・ジムニーは全長385cm、ホイールベースは255cmと噂されており、3ドアより30長い。 より大きなサイズが提供されます より多くのスペース 後部乗客の足と大きなトランクにも。

大画面 – リニューアルのスパイ映像 スズキ ジムニー 彼らはまた、より大きなスクリーンを備えた新しいマルチメディアシステムではないにしても、それほど新しいものではないはずのインテリアを垣間見ることができます.

新しいエンジン – 冒頭で述べたように、その他の重要なニュース スズキ ジムニー マイルドハイブリッド技術を搭載したエンジンの採用。 したがって、以前の 1.5 の自然吸気 4 気筒は、スイフトとイグニスで使用されている小さい 1.2 に取って代わられる可能性がありますが、一部の情報源は、Vitara と S-Cross のフル ハイブリッド バージョンで使用されている 1.5 K15C デュアルジェット エンジンについても語っています。

2023年にそれを見るでしょう – 始まり スズキ ジムニー 序盤は「ロング」ともいえる5ドアが予想される。 2023年. このモデルは、3 ドアのジムニーの更新版と一緒に登場する予定で、電動化と美学の点で同じ改善の恩恵を受けています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です