5 億ドルと評価される Animoca Brands の日本子会社は、NFT プッシュの資金を調達するために 4,500 万ドルを調達しました。

アジアの暗号ゲームおよび Web3 投資の巨人である Animoca Brands の一部は、日本での事業拡大のために、5 億ドルのプレマネー評価額で 4,500 万ドルを調達しました。

親会社のアニモカ・ブランズは、360年の歴史を持つ日本最大の銀行である三菱UFJ銀行に出資しています。 …日本がより厳しい暗号通貨ルールを採用していた時期に投資。

日本は、仮想通貨愛好家の楽園として正確には知られていません。 ブロックチェーン業界では頭脳流出があり、仮想通貨からの未実現利益を含む企業利益に 30% の税率を課すという政府の現在の政策により、地元の仮想通貨ビジネスに対する税率の引き下げが求められています。

日本は依然として、アニメ、コミック、ビデオゲーム、映画、歌手など、国内の豊富な大衆文化 IP を通じて IP を獲得しようとする NFT サービスのホット スポットです。

ブランド コンテンツの価値と機能性を高め、日本における安全で信頼できる NFT エコシステムの成長を促進するために、親会社が世界最大の OpenSea NFT プラットフォームを支援している Animoca Brands Japan は、新しい資本を使用して「ライセンスを確保する」ことを計画しています。人気のあるクリエイティブ作品を作成し、既存の機能を構築し、複数のパートナーと共に Web3 のユーザー受け入れを促進します。」

東京三菱銀行と UFJ 銀行が合併して MUFG になりましたが、NFT をサポートする日本の金融機関はこれらだけではありません。 大手金融機関の三井住友銀行は、ブロックチェーンのスタートアップである HashPort の技術支援を受けて、NFT アプリケーションを検討している機関投資家にコンサルティング サービスを提供する「トークン ビジネス ラボ」を 7 月に立ち上げる計画を発表しました。

日本のIT企業の間で、NFTへの移行が徐々にではあるが顕著になってきている。 昨年日本でのリリースが予定されていた The Line の NFT Marketplace は、昨年 4 月にローンチされました。 日本のメッセージング大手がステッカー販売で数百万ドルを稼ぎ、多数のステッカー コレクションを普及させたことを考えると、これは驚くべき好転ではありません。 初めて、Line の 9000 万人の日本人ユーザーが、Line を利用したデジタル ウォレットで NFT を保持および取引できるようになりました。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。