8 月 6 日、アルゲーロ マリア マグダレナ カチョルで

第22回国際オルガン・フェスティバル、 8 月 6 日、アルゲーロ マリア マグダレナ カチョルで

8 月 6 日、アルゲーロ マリア マグダレナ カチョルで

歓迎すべき復帰は、ポーランドのオルガニストの復帰です。 バッハ、ボネット、ギラン、カステルヌオーヴォ=テデスコの音楽がプログラムに登場

新しい予定 次の土曜日 8 月 6 日 とともに 第22回国際オルガン・フェスティバルサルデーニャのさまざまなセンターで、アルテ・イン・ムジカ・アソシエーションによって、地中海フェスティバルの枠内で宣伝されています。

時間通りに、また アルゲーロ、サンタマリア大聖堂、午後9時、 ポーランドのオルガニストのコンサート マリア・マドレーヌ・カッツォルRevue d’orgueの最新版に何度かゲストとして出演。

フランス出身で、パリとリヨンの音楽院で技術を磨き、国際的に知られ、高く評価されている鍵盤の名手が、バッハ、ボネ、ギランからカステルヌオーヴォ テデスコまで音楽の旅を提供します。

インターナショナル オルガン レビュー (アーティスティック ディレクターはマエストロ ウゴ スパヌ) は、サッサリからアルゲーロ、ラヌセイからオジェリ、アギウスからガルテッリ、オロセイまで、さまざまな場所のステージで構成されたオルガンに捧げられた、サルデーニャで唯一のコンサート イベントです。

それは地中海フェスティバルの枠組みの中で提案されており、今年も確認された機関の信頼が見られ、文化省、サルデーニャ地方 – 教育、文化遺産、エンターテイメント、スポーツ省、大統領府の後援を受けています。サルデーニャ地方評議会、サルデーニャ財団、サッサリ商工会議所 – Salude & Trigu Project、Chilivani Ambiente、アルゲーロ自治体、アルゲーロ財団。

したがって、アルゲーロでの土曜日、マリア・マグダレナ・カッツォルはJ.ボネットによって演奏されます コンサート変奏曲 op.1JSバッハ トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV 564前奏曲とフーガ ホ短調 BWV 548by JAギラン 三番目の大きさ カステルヌオーヴォ=テデスコ氏 イントロ、アリアとフーガ. 「Esprit de gioie」と題された夜は、プログラムの個々の構成を提示する Carmela Mura Monfardino によって提示されます。

マリア・マドレーヌ・カッツォル。 ポーランドに生まれ、カルロヴィチ音楽高校とポズナンのパデレフスキ音楽アカデミーで学ぶ。

合唱団の指揮、オーケストラの指揮、オルガン、即興演奏、ピアノ教育のコースを受講した後、1999 年にピアノの高等ディプロマを取得しました。

2004 年にマスター オブ ピアノの資格を取得した彼は、オルガンを専門とし、マルティン ハーゼルボック、オリヴィエ ラトリー、ヨス ファン デル クーイ、クリストフ マントゥー、ジュリアン ゲンバルスキー、マルティン サンダー、ミシェル ブヴァールのマスター クラスを受講しています。

2005年からフランスに住み、パリ音楽院でフランソワーズ・ドルニエに師事。 2008 年 6 月、彼はパリの CNR から DEM を取得しました。

2008 年 9 月、リヨン国立音楽舞踊学校のフランソワ エスピナスとリースベス シュルンベルジェのオルガン クラスに満場一致で入学しました。

2012年6月、彼は「非常に良い」という言及とともに「Prix d’Orgue」を獲得しました。 同時に、2011 年 4 月から 2012 年 3 月まで、ハンブルグ (ドイツ) の「Hochschule fùr Musik und Theatre」で、ピーテル ファン ダイクとヴォルフガング ツェラーのオルガン クラスで学びました。

2012年、キタラ大オルガン(日本)の第15代オルガニストに就任。

同年、全国各地(東京・サントリーホール、東京芸術劇場、東京大森めぐみちえさ、旭川)で数々のコンサートに出演し、初のCD「Spirit of Flying Lights」を録音。

彼は 2007 年にフランス政府の奨学金、2008 年にコシアン奨学金、2010 年にポズナン市 (ポーランド) の芸術賞を受賞し、2010 年には「Bourse Artistique de la Région Rhône-Alpes」を 2 回、2011 年には奨学金を獲得しました。 2011 年に Societe Generale 銀行の芸術部門、2012 年に ADAMI – France の芸術部門に選ばれました。

彼女は、2007 年 10 月にビアリッツ (フランス) で開催された「アンドレ マルシャル」国際オルガン コンクールのファイナリストであり、審査員から特別賞を受賞しました。

2011年9月、トリーア(ドイツ)で開催された「ヘルマン・シュローダー」国際オルガン・コンペティションで第2位(第1位は受賞せず)を受賞。

ポーランド、フランス、リトアニア、ベルギー、イタリアの数多くのフェスティバルに出演。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。