AEW: 女子レスリングだけに特化した新しい番組はありますか?

PWInsider によると、AEW は昨日「All Elite Women」という名前の商標を申請しました。 この用語が商標登録された多くの目的の中で、最も顕著なものは、「テレビ番組の作成、開発、制作という形での娯楽サービス」と「プロレス選手がレスリング競技に参加するという形での娯楽サービス」です。 ストリーミングコンテンツとマーチャンダイジングに関するその他の文書も提出されています.

現時点では、この潜在的な新しいショーが何を伴うかは確認されていませんが、その名前は、この新しいショーがAEWの女性スターの一部に焦点を当てていることを示唆しています. PWInsider は、番組は「ダイナマイト」、「暴れ回る」、「ダーク」、「ダーク: エレベーション」などのレスリング ベースの番組である可能性があると推測しています。

AEWはこの無分別についてコメントしておらず、他のAEWプログラムを既存のプログラムに追加する可能性についての最近の兆候はありませんが、ショーの今後の開始についてあまり多くの謎はありません. リング・オブ・オナー.

過去に、AEW は女性部門に特化した 2 つの短期プログラムを開催しました。 1つ目は2020年の夏の終わりで、プロモーションがパンデミック中にDaily’s Place女子タッグチームトーナメントDeadly Drawを開催した. YouTube でストリーミングされた後、トーナメント決勝は 8 月 23 日にダイナマイトで行われ、ディアマンテとイヴェリスがブランディ ローズとザ バニーを破ってトーナメントに勝ちました。

2 つ目は、2021 年 2 月に日本のアイスリボン道場で開催され、ブリーチャー レポートと YouTube でストリーミングされた AEW 女子エリミネーター トーナメントの日本ラウンドでした。 水波遼は「ダイナマイト」の3月3日のエピソードで、日本大会で優勝し、全大会で優勝しました。 しかし、数日後のAEWレボリューションで、志田光に対してタイトルを獲得するチャンスを失いました。





Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。