AfDポストナチスはモスクワのガスを擁護し、共同議長はロシアを賞賛する

極右がいるところでは、明らかに国益の擁護として説明されているように、ロシアの情勢に害を与えないように常に注意が払われています。

の休日 極右ドイツAfdの野党に ドイツ10 月 8 日にベルリンでパイプラインを支持するデモを呼びかけた ノース フロー 2共同議長によると、 ティノ・クルパラ 冬の前にエネルギーの供給を確保する必要があります。

金曜日に Forsa が放送局 RTL/ntv のために実施した世論調査では、供給不足を緩和するためにノルド ストリーム 2 経由でロシアの天然ガスを輸入することに賛成したドイツ人はわずか 39% であることがわかりました。

「私たちは同胞の市民を支援し、声をあげます。 10 月 8 日にここ首都で大規模な抗議行動を計画しており、ガソリン税の代わりにノルド ストリーム 2 を大声ではっきりと宣言する予定です」と Chrupalla 氏は記者団に語った。

Chrupalla は、ロシアのガス不足をカタールと日本からの供給で代替しようとする連立与党の試みが失敗した一方で、ロシアは冷戦の最悪の時期でも信頼できる供給者であり続けたと述べた。

Chrupalla は、ロシアに対する「経済戦争」は、ロシア人ではなくドイツ人に不釣り合いに打撃を与えているため、停止しなければならないと述べた。 彼はさらに、進行中の対立が平和に反しているため、ウクライナでの紛争には交渉による解決しかないと述べた。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です