Apple は中国の先を見据え、Apple Watch と Macbook はベトナムで製造される

Apple は、ベトナムで独自の MacBook Pro スマートウォッチとラップトップを生産する予定です。 これは、一部の製造を中国から東南アジアの国に移すという近年の傾向に続く動きです。 日本の新聞アジア日経が明らかにした。

ベトナム試行試験

深化



Appleは従業員に週3日オフィスで働くように求めています

明らかになった内容によると、中国企業のLuxshare Precisionと台湾のFoxconnは、ベトナム北部の工場でApple Watchの生産テスト手順を開始し、その実現の一部を工場の外に移すという考えを持っています.中国での時間。 クパチーノの巨人はまた、パンデミック関連の問題とサプライチェーンの困難により大規模な移転が遅れているものの、同じくベトナムで MacBook Pro のテスト生産ラインを開始するようサプライヤーに依頼しました。 時間の経過とともに、特に東南アジアの国は、iPad や AirPods ワイヤレス ヘッドフォンなどの製品の組み立てにより、中国に次ぐ Apple の 2 番目の生産の中心地になりました。

クパチーノノート

したがって、この分野のメディアの報道によると、この無分別さは、何ヶ月も前から広まっており、Apple が中国の先を見据えたいという願望に関連しているという噂を裏付けているように思われます。 前述のように、ベトナムはクパチーノにとって最も魅力的な選択肢の 1 つです。 この国は、インドと同様に、長い間 Apple を支持してきました。 しかし、質問はかなり複雑に思えます。 一方では、事実、新技術の巨人は、中国への露出を制限したいと考えています。これは、封鎖だけでなく、ワシントンと北京の間の緊張した国際関係、および中国が戦争を非難することができないためでもあります。ウクライナのロシア。 一方、中国は、クパチーノに優秀で低コストの従業員を提供することに成功しており、とりわけ、世界売上高の 5 分の 1 を占めています。 理論的なレベルでは、インドは中国の生産から少なくとも部分的に引き継ぐのに最適な国です。 一部の Apple サプライヤーは、現在力強い成長を遂げている現地市場向けに iPhone を生産している国にすでに進出しています。 しかし、インドの最大の問題の 1 つは中国との関係の緊張であり、これが両国間の貿易関係を複雑にしています。 また、この理由から、ベトナムや他の東南アジア諸国での拡大の可能性に関する評価が進行中です。

9月7日、新しいiPhoneの発売

一方、Apple は 9 月 7 日に新しい iPhone を発売します。 ただし、商品棚に到着するのは 16 日になる見込みです。Bloomberg の代理店は、特定の情報源を引用して、iPhone の発売はクパチーノの激しいシーズンの氷山の一角にすぎず、到着も作業中であることを明らかにしました。 新しい Mac、iPad、Apple Watch。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。