Arc System Works は、Dragon Ball FighterZ で行ったように、自社以外の IP と連携したいと考えています – Nerd4.life

EVO 2022 で、IGN は Arc System Works の CEO である木戸岡稔氏と話をしました。 アークシステムワークス 彼女はとても消極的だった 他IPとの連携. 通常、研究に連絡したのはこれらの PI の所有者です。 木戸岡は、この姿勢を変えたいと考えています。

批評家や一般の人々によると、Arc System Works は最高のものをいくつか作成しました。 格闘ゲーム 市場で入手可能です。 ただし、Dragon Ball FighterZ のような非常に有名なタイトルを超えて、チームのゲームは比較的ニッチであり、ハードコアな格闘ゲーマーにしか知られていません。 日本を離れるとなおさらです。

このためにも、Kidooka氏は、この研究は 消極的でない 可能性のあるパートナーシップの機会を探しています。 具体的には、Kidooka 氏は、Arc System Works が欧米の視聴者の心に響くゲームを作成することを望んでいます。 それが、ドラゴンボールなどの世界的に有名な日本の知的財産を利用することを意味するのか、それとも西洋生まれのサガと協力することを意味するのかは、まだ分からない.



ドラゴンボールファイターZ

「私たちは知的財産を使って格闘ゲーム コミュニティを拡大する必要があります」と Kidooka 氏は IGN に語った。 「今後、このような機会があれば積極的に取り組んでいきます。 協力する 新しい IP 所有者と」。

木戸岡の長期的な夢は、 アークシステムワークス新IPアドレス アメリカで企画・開発。 ただし、コラボレーションをより重視していても、Arc System Works はフランチャイズを保留にしたくありません。

例を挙げると ブレイブルー、木戸岡は「私には計画がある」と言った。 彼の優先事項は Guilty Gear Strive の拡張ですが、CEO は次世代の格闘ゲームについて常に考えており、BlazBlue もその 1 つになる可能性があります。 また、格闘ゲーム以外のジャンルにおいても、ブレイブルーの知的財産は多くの可能性を秘めていると語った。

最後に、Guilty Gear: Strive と Bridget の新しいトレーラーです。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です