ASローマと名古屋グランパスが戦略的パートナーシップを発表

AS ローマは、日本の J1 リーグで最も権威のあるクラブの 1 つである名古屋グランパスとパートナーシップを締結したことを発表いたします。

本日11月25日(金)に豊田スタジアムで第2回ユーロジャパンカップで対戦する両クラブの戦略的コラボレーションは、両者がサッカー、持続可能性、ビジネスの世界での経験を共有することを予見しています。

このパートナーシップは、ファーストチームの活動だけでなく、AS ローマと名古屋グランパスのユース部門の発展にも関係します。

さらに、両社は、特にサッカーの世界における包括性を促進するために、参照コミュニティをサポートするという点で行われるイニシアチブを相互にサポートします。

両社は、日本とイタリア、およびその他の戦略的市場で、それぞれのブランドの拡大をさらに拡大するために取り組んでいきます。

ASローマのダン・フリードキン社長は「ピッチ内外で両クラブに大きな利益をもたらす革新的なパートナーシップを開始できることを誇りに思う。

「ASローマと名古屋グランパスが共有する価値観と優先事項は、パートナーシップの中心にあり、間違いなく、それぞれの組織のあらゆる面に大きな長期的利益をもたらすでしょう。

「サッカー関連のトピックでお互いをサポートする予定のエキサイティングな機会と同様に、持続可能性と私たちのコミュニティのサポートが際立っている優先事項であると考えるトピックでお互いをサポートすることを楽しみにしています.

「この発表は、永続的でかけがえのない絆の基盤を形成すると確信している関係を構築するための最初のステップです。」

ASローマと名古屋グランパスは、さまざまなレベルの精神運動障害を持つ子供たちの身体的および心理社会的幸福を保証するための具体的な活動にこの地域で強くコミットしている2つの現実であり、サッカーの包括的な力と障壁なしで一緒にプレーする喜びを活用します。さまざまな形態の障害を持つ若者を対象とした新しいイニシアチブを促進します。

名古屋グランパスの小西幸喜社長は、「イタリアで最も権威があり、歴史のあるクラブのひとつであるASローマと戦略的パートナーシップを結ぶことができ、大変嬉しく光栄に思います。

「両クラブは、お互いの知識と経験を最大限に活用し、サッカーのフィールドで協力してより強く、より魅力的なチームになるだけでなく、長期的な視点で両社を発展させるための一連の取り組みを実施します。

サッカークラブは、持続可能な社会を構築する上で幅広い役割を担っていると考えています。

このパートナーシップが両クラブのすべてのリソースを効果的に活用し、私たちと私たちの旅に関わるすべての人にとって未来が明るいものになると確信しています。」

このパートナーシップは、スカウト、方法論、スポーツ科学、分析の分野に特に注意を払いながら、スポーツ領域の管理に関連する知識と実践を 2 つのクラブに共有する機会を提供します。

しかし、コラボレーションは、ファーストチームに関連する戦略的側面のいくつかにとどまりません。協力することの利点の1つは、両方のクラブの才能に保証された成長の機会によって表されます。若いプレーヤーの成長と発展の道に沿って、何年にもわたって強化された能力。

この場合、少年のトレーニングで採用されている作業方法についての絶え間ない議論に加えて、両社のスポーツセンターと組織のトーナメントと親善試合で、両方のユースセクターのコーチとプレーヤーに頻繁なインターンシップが提供されます。 ツアー。

第 2 回ユーロジャパン カップに AS ローマが参加することで、両クラブのスポーツ グラウンド間で初の対面式ミーティングを近日中に開催できるようになります。

「サッカーのレベルでは、このコラボレーションは素晴らしい機会です。これにより、両クラブにとって非常に役立つと考えられるノウハウを体系的に交換できるようになるからです。私たちの経験をファーストのさまざまな戦略分野に移すことができることを光栄に思います。チームとユース部門、そして同時に、日本のサッカームーブメントの主要なクラブの1つである名古屋グランパスのスポーツ管理の貴重なサポートのおかげで、新興市場を間近で知ることができることを嬉しく思います。」と、クラブのスポーツエリアのゼネラルマネージャーであるティアゴ・ピントは言いました。

名古屋グランパスのマネージング・ディレクターである山口基博氏は、次のように述べています。

「トップチームから次世代のサッカー選手を担うユースアカデミーに至るまで、このコラボレーションは多くのトピックに取り組み、選手同士の意見交換を通じて幅広い視点から学ぶ絶好の機会であると考えています。共有するスタッフとソリューション」です。

「ヨーロッパのチームを支える基準について学ぶにつれて、私たちの作業方法に特定の必須事項を組み込み、アジアや世界中で競争できるチームを作りたいと考えています。」

ASローマと名古屋グランパスはまた、米国を皮切りに、日本およびその他の成長する国際市場に共同運営のアカデミーを設立します。

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です