ASEAN会議での外相会談をスキップする

中国の王毅外相と日本の林義正との間の東南アジア諸国連合(ASEAN)の会議の傍らで、今日カンボジアで開催されるべきだった会議はスキップされました。 北京外務省の華春瑩報道官は記者会見で、日程変更の理由として、G7(日本も参加)が昨日発表した台湾に関する共同声明に対する中国の不満を挙げた。 実際、昨日、世界の7大経済大国のグループは、島周辺の緊張の急激な高まり、特に下院議長による台北への訪問に応じて組織された実弾を使った軍事演習を北京に帰した.アメリカ合衆国下院議員、ナンシー・ペロシ。

カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国の外相、および欧州連合外交政策上級代表は、台湾海峡の平和と安定に対するG7の支持を再確認した。 共同声明の中で、閣僚は、「中華人民共和国からの最近の脅威に懸念を抱いている. 中国政府には、「台湾海峡でのさらなる攻撃的な軍事活動の口実として外交訪問を利用する理由はない。中国の当局者にとって海外旅行は完全に通常のことであり、中国の行動は地域を不安定にするリスクがある」とメモは述べている。 閣僚はその後、中国当局に対し、「地域の現状を一方的に変更しようとする試みを控え、台湾海峡の紛争は平和的かつ外交的手段を通じて解決されるべきである」と要請した。

今日、中国の王毅外相はこの問題に戻り、ペロシの台湾訪問を「狂気で無責任で非常に不合理」と呼んだ。 中国国営放送局 CCTV によると、王氏はまた、北京は「危機を回避するためにあらゆる外交努力」を行ってきたが、政府は「その核心的利益が損なわれることは許されない」と強調した。 中国外交の責任者によると、実施された措置と将来採用される措置は「必要」であり、「慎重に検討および評価され」、「国際法および国内法に従って、国家の主権と安全を守ることを目的としている」. . .

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。