BoP富士:アルパインはパワー不足、トヨタとプジョーはより「スキニー」

FIA 世界耐久選手権は、週末に開催される富士 6 時間レースのパフォーマンス レポートを公開しました。

日本では、耐久シリーズのトップが 2022 年シーズンの最後から 2 番目のラウンドで再開されます。そこでは、11 月の 8 時間の決勝に向けてバーレーンに飛ぶのを待っている間、計算が危機に瀕しているタイトルを獲得し始めます。

以前から知られているように、ハイパーカーの中には、経済的および戦略的な理由で旅を断念したグリッケンハウスはありません。 したがって、戦いはプジョーのペアとアルピーヌの2台のトヨタに予約されています。

最初の 2 台については、7 月にモンツァで開催された前回のイベントとは変更点が異なります。 GR010 ハイブリッドの重量は、ブリアンツァでの 1071kg から 1053kg に軽量化されますが、各スティントで 905MJ のエネルギーを維持し、ハイブリッド前輪駆動システムは時速 190 km 以上で作動します。ウェットコンディションで。

フランスの 9X8 は、1061kg の重量 (-18kg) で 909MJ のエネルギーで走行しますが、4 輪駆動は 150km/h から作動します。

代わりに、アルパインからパワーが奪われ、1スティントあたりのエネルギーが752MJに低下し(優勝したモンツァから-43MJ)、952kgのままです。

グリッケンハウスも絵に登場しますが、前述したように、ライジングサンには登場しません。

#64 コルベット レーシング シボレー コルベット C8.R by トミー ミルナー、ニック タンディ

写真提供:JEP / モータースポーツ映像

すべての LMGTE マシンに加えられた変更。 PRO では、フェラーリはタンク容量が 3 リットル減少し、合計で 92 に増加し、重量は 1255kg のままで、タービン圧力パラメーターは同じです。 AM では、488 は 92 リットルから 89 リットルになります。

コルベット C8.R は、重量が 10 kg 増加して 1265 kg になります。 タンクの容量は97リットル、リストリクターの直径は42.3mmに変更されていません。

ポルシェは合計で 5 kg 減の 1259 kg になりましたが、タンクは 2 リットル増えて 104 リットルになり、フランジの直径は 30.8 mm から 31.2 mm に増えました。 AM クラスの 911 は 30.6 mm (+0.3 mm) で、タンクは 101 リットル (+2l) になります。

この最後のカテゴリーでは、アストン マーティンが、タンク内の燃料を 1 リットル減らし (合計 8​​8 リットル)、ターボ圧力を 0.02 BAR 下げて動作する様子を見ていきます。

TF Sport #33 (+ 30kg) と NorthWest AMR (+ 20kg) のアストン マーティン、および Project 1 #46 のポルシェ (+ 5kg) を「ヒット」する、以前に得られた結果に関連する補正重量を追加する必要があります。 ) ) )。 、Dempsey Proton Racing #77 (+ 20kg) および GR Racing #86 (+ 5kg) に加えて、Iron Dames Ferrari #85 (+ 10kg)。

最後に、LMGTE Am クラスでは、すべての車に 2021 年仕様のミシュラン タイヤが装備されることに注意する必要があります. 実際、フランスのタイヤ ディーラーはタイヤの製造に問題があり、FIA に技術規則の変更を依頼しました。 . 彼は時間内に材料の供給を保証できなかったからです.

「製造工場の大幅な混乱により、ミシュラングループはLMGTE AMカテゴリー全体に2022年の富士6時間レースの2021年の仕様を提供する以外に選択肢がありません」とミシュランの公式レーティングに記載されています。

「我々はWEC委員会に対し、2022年スポーツ規則の第6.5.3条「仕様」を修正し、LM GTE AMカテゴリーの競技者がWEC FUJI 2022イベント中に2021年に宣言されたタイヤ仕様を使用できるようにすることを求める」.

FIA WEC – 富士6時間: BoPハイパーカー

FIA WEC – 富士6時間: BoP LMGTE

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。