Cassano MagnagoのDaitarn 3(およびそれだけではない)-Varesenoi.it

幸運な人が持ち帰ったおもちゃたちです。 テレビで見た冒険を自分の部屋に移す. 再発明し、想像力を働かせてください。 あるだろう グレンダイザー、マジンガー、ギーグ宇宙船 アルカディアとヤマト. のアクションフィギュアと ワンピースとドラゴンボールのような文字 レム (最近、日本で最も愛されているヒロインとして投票で投票されました)、 紺碧の道 そしての 艦隊これくしょんラフタリア、ラム. 等。

は “日本おもちゃ展» 見学できる展覧会 11 月 26 日から 1 月 8 日まで、カッサーノ マグナゴの古いサン ジュリオ教会で. 「それは質問です。文化アドバイザーは次のように説明しています。 アレクサンドル・パスエロ – プライベート コレクションから。 このイニシアチブは、 コミュニティ スポンサーシップ しかし、それも ミラノの日本領事館. とりわけ 80 年代の子供たちだけが認識できる幻想的な世界を旅することができます.レイアウトは、最年少のエンターテイメントの世界の進化を理解することを可能にします. 今日では、明らかに、物理的なゲームよりもビデオ ゲームに重点が置かれています。 サン・ジュリオでは、 最近の歴史の一部、今日の子供たちにとっても興味深いものです。 あるのは偶然ではない 訪問を計画している学校団体“。

ロボットとアクション フィギュアの 2 つの主要なセクションがあります。. 前面: ゴルドラク、ジーグ、マジンガ Z、ダイターン 3 など、製造年や製造元によって異なるバージョンがあり、それぞれに独自の武器、クラシックなポーズ、さまざまなアクセサリーが付いています。 さまざまなテーマ分野: i スーパーロボット (ゴールドレイク、ジーグ、マジンガZ…)、私 本物のロボット (ガンダム、マクロス…)、私 現代のロボット (エヴァンゲリオン、アクエリオン、ロボ真ゲッター…)、 宇宙船 アルカディアとヤマトのように。 このセクションにアクセスすると、メーカー自体でさえ、時間の経過とともに設計および製造方法がどのように変化したかを確認できます。

アクションフィギュアの章: 彫像、静的および可動、ヒーローとヒロインの、共有された想像力の一部。 この場合も、時間の経過とともに発生したさまざまな解釈を観察することが可能になります。

展覧会も出会いで成り立つ、毎週土曜日と日曜日。 彼らは介入します マルコ・アルビエロ (イラストレーター、漫画家、似顔絵師。 セーラームーン おい ゾディアックの騎士さまざまなボードゲーム、ビデオゲーム、彼のスタイルを応用したアプリケーションなど)、 ヘンリー・シモナート (建築家、イラストレーター、デザイナー、イラストで有名、特に彼の解釈 永井豪 ロボット)、 ジェームズ・ロイド (イラストレーター、漫画家、新星、日本の作品にインスパイアされ、コンテナマガジンに掲載 漫画先輩)、 アンドレア・ロトロ (声優、多数のアニメに参加、2022年よ​​りセリフの翻案も担当)、 ヴェロニク・クスクス (声優、彼女は非常に多様な役割を持つ多くのアニメキャラクターに声を貸しています)、 ジェイドボナノミ (声優および吹き替えアシスタント、彼女は映画やテレビシリーズだけでなく、アニメーションの分野でもさまざまな役割を果たしてきました. ブリーチの織姫)、 ポリニアーニ編集者 (イタリアのシーンで地位を確立している若い出版社で、人気のある作品、ノンフィクション、詩、漫画などを出版しています。 白い朝デザイナーはマルコ・アルビエロ)、 独書版 (2021年設立のライトノベル専門の出版社で、主に日本語ですが、イタリア人作家による制作も進行中です)。

「私は、このイニシアチブなしでは不可能だった人々に感謝しなければなりません。パッスエロはこう締めくくります。 クリスティーナ・サントロとクリスティーナ・モンニ、まず第一に、実装を担当し、技術的/官僚的な側面をフォローした人。 そしてもちろん、 熱心なコレクター、ロベルト・スカルチェロ 30年以上にわたり貴重な遺産を収集してきた人」.

展覧会は、11 月 26 日から 1 月 8 日までの金曜日の午後、土曜日、日曜日に訪れることができます。 記載のない日は休館日です。 グループや学校のグループは Facebookページから協会に連絡する、予約による訪問を要求します。 無料アクセス、相談できるイベントのお知らせ www.facebook.com/japantoysexhibition

2022/11/26 10:00 – 12:30 展覧会の公式オープニングも、午後 2 時 30 分から午後 6 時まで開いています。

2022/11/27 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分 – エディツィオーニ独書によるスピーチ

2022 年 2 月 12 日 午後2時30分~午後6時30分

2022 年 3 月 12 日 午前 10 時~午後 12 時 30 分、午後 2 時 30 分~午後 6 時 30 分、James Loyd によるスピーチ

2022 年 4 月 12 日 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分マルコ・アルビエロのスピーチ

2022 年 9 月 12 日 午後2時30分~午後6時30分

2022 年 10 月 12 日 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分

2022 年 12 月 11 日 10:00 – 12:30、14:30 – 18:30 – ポリニアーニ編集者によるスピーチ

2022 年 12 月 16 日 午後2時30分~午後6時30分

2022 年 12 月 17 日 10:00~12:30、14:30~18:30 – 日伊協会による茶道と着付け

12022 年 8 月 12 日 10:00 – 12:30、14:30 – 18:30 – ポリニアーニ編集者によるスピーチ

2022/12/26 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分

2022/12/27 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分

2022/12/28 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分

2022/12/29 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分

2022/12/30 午前10時~午後12時30分、午後2時30分~午後6時30分

2023/07/01 10:00 – 12:30,14:30 – 18:30 – エンリコ・シモナートによるスピーチ

2023/08/01 10:00~12:30、14:30~18:30 出演者によるスピーチ 展示終了

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です