Comgest、日本企業4社 – MilanoFinanza.it



連邦準備制度理事会は 5 回連続の利上げを開始しましたが (75 ベーシス ポイントから 3 回目)、日本銀行は引き続き穀物に反対し、緩和的な金融政策を維持しています。 さらに、日出づる国では、8 月のインフレ率は 2.8% であり、ヨーロッパやアメリカの水準にはまだほど遠い状態です。

このような状況において、Comgest は日本を投資家にとって安全な避難所と見なしています。特に、フランスのファンド Comgest Growth Japan のマネージャーである Richard Kaye 氏の言葉を借りれば、堅実な業績と品質管理を備えた企業グループに関して、Comgest は次のように考えています。 「生き残るだけでなく、戦争、不況、サプライチェーンの混乱、地政学的な不確実性の中で成長する」という好位置につけています。

7月の傾向に沿って、専門家は続けて、8月の市場は「強力な収益を上げ、いわゆる「インフレゲーム」から逸脱している企業に有利であり、少数の企業グループが「持続的な回復の可能性」の恩恵を受けると期待されていました。日本のインフレ」。

この質の高い企業グループの中で、Kaye は特に 4 つの企業を挙げています。 たとえば、人材会社のリクルートは、4 月から 6 月にかけて、前年比で 16% の正規化された利益成長を報告しました。 特に、マネージャーは、「Indeed や Glassdoor を含むリクルートの人材テクノロジー セグメントは、アメリカの求職業界での人気のおかげで、収益が 28% 増加しました。. リクルートとその子会社は、広告における支配的な地位と需要と供給の適切なマッチングのおかげで、労働市場が低迷した場合でも力を発揮できると信じています。」

ファンドマネージャーがリストした別の会社は、ドン・キホーテ小売店のマネージャーであるパン・パシフィックで、「標準化と優れた管理のおかげで、4 月から 6 月の間に営業利益が 9% 増加しました。」

ダイキンについては、「中国のロックダウンによる産業用エアコン需要への影響が大きく、4月から6月にかけて営業利益が微減」したことは事実だ。 しかし、「ダイキンが事業を展開している他の地域は引き続き市場シェアを獲得しています」.

最後に、「ソニーの営業利益は、同じ四半期で 10% 増加しました。 再開後のソフトウェア部門の減速と、PlayStationのハードウェア供給問題の持続にもかかわらず、同社は良好な結果を維持しています」とケイ氏は言います.

彼は次のように締めくくっています。

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。