Elica は合弁会社 Ariafina の 20 周年を祝います

(タイパー奨学金) – ヘリックスキッチン用抽出システムの製造における世界的リーダー、 Ariafina の 20 周年を祝うから日本で生まれたブランド 富士工業との合弁会社.

開催に向けて 今日は東京でイタリア文化会館で、 エルマンノ・カソーリ財団が推進するイベント 彼が参加する2つの会社と協力して 特集「アイリス」、イタリア人アーティスト、ジャンルカ・マルジェリの作品。 この本は、イタリアと日本を結ぶ二重ルートを持つ 2 つの地理的地図の形をとっています。1920 年に 2 人の若いイタリア人パイロットによって行われたローマ – 東京空襲のルートの最初のルートです。 2 番目のルートは、Fabriano と東京の間のリンクをたどり、エリカと富士工業の 20 年間のコラボレーションを祝います。 この構図は、理想的には 2 つの目、二重の視野、共通の共有された目的を呼び起こし、2 つの企業間の絆のメタファーとなり、プロフェッショナルであるだけでなく、起業家の 2 つの家族の間で感情的でもあります。 その証拠に、本日、東京のイタリア文化会館で開催されたイベントで、フランチェスコ・カソーリが制作した作品を富士工業の樫村康介社長に寄贈します。 東京のイタリア文化会館は、我が国の歴史と文化を広め、日本におけるイタリアの創造性を促進することに尽力している機関であるため、セレモニーの会場の選択も偶然ではありませんでした.

エリカとフヒ工業のコラボレーションは、2000年代初頭イタリアの会社が高度に工業化された国である日本に目を向け、50%以上の市場シェアを持つ日本のフード部門の絶対的なリーダーである富士工業を現地パートナーに選ぶことを決定した時期. これが、プレミアムセグメントでの運営を目的としたAriafinaの誕生です。. フードの範囲では、日本にはまだ存在しない非常に価値の高いニッチ市場です。

今日、アリフィナは 認知されたブランド 結合する能力のために イタリアンデザインのクオリティと日本の最先端技術. 合弁会社の商標は、 目新しさ 新しいシリーズの「ヴィヴィアナ」フードではっきりと見えます。 将来の目標: 家庭用電化製品の範囲を拡大し、豪華なフロントクッキングであるアリアシェフと共に、プロのケータリングという新しい分野に参入します。

「エリカと富士工業のコラボレーションは、その長寿だけでなく、樫村家との友情と親しみやすさ、会社を超えた協力関係の両方において、ユニークな合弁事業の一例です」と彼は言いました. フランソワ・カソリエリカ社長。

「合弁事業が生まれたとき、エリカの目標は富士工業と提携し、日本市場に変化をもたらすことができる新しい事業体を作ることでした」と彼は回想しました。 ジュリアス・コッチElica の CEO は、「過去の 2 つの起業家ファミリーのビジョンの堅実性を確認する勝利の選択であり、それをグループの将来の戦略においてさらに強力な資産にすることが私たちの義務である」と付け加えました。 .

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です