EPA-EU協定により、日本とのビジネスチャンスは多い

まだよくわかっていないかもしれませんが、2019 年に EU と日本の間で署名された経済連携協定は、実際に自由貿易体制を保証し、今後数年間で関税が段階的に引き下げられることを保証しています。多くのプレジャービジネスへの発展の可能性。 . これに対処するために、さまざまな地元の起業家、ウンベルト・ヴァッターニ大使、元外務省事務局長、ジェトロ・ミラノの三宅祐事務局長、アンドレア・マンジャ弁護士らが出席したコンフィンドゥストリア・ピアツェンツァで会議が開催されました。 、Amam Legal、Mangia-Marzolini法律事務所。 Confindustria の Giulia Silva 氏が調整役を務めた会議の前に、Francesco Rolleri 大統領から歓迎のメッセージがありました。 協会として、私たちはメンバーに必要なすべての技術的、法的、ロジスティクスのサポートを提供する準備ができています。」

「この地域での会合は、Vattani 氏が説明したように、違いを生み出します。 複雑な国際情勢とエネルギー市場の困難は、民主主義と権威主義体制の間の競争に新たな課題を課しています。 特定の戦略的セクターでの協力は不可欠であり、日本、台湾、シンガポール、韓国など、インフラストラクチャとガバナンスの分野で経済システムを支援できる特定の高パフォーマンスの民主主義国と協力することが不可欠です。」 ジェトロ・イタリア(日本貿易振興機構)の三宅優氏は、日本のパートナーとの商業関係を開始または強化したい人なら誰でも利用できる、日本と世界の他の国々との間の投資と貿易を促進する日本の政府機関であると説明した. ジェトロ・ミラノは、起業家の実現可能性調査からプロジェクトの実現までをサポートすることができます。

「ジェトロ・ミラノは、日本への直接投資を促進するとともに、イタリア市場を巻き込んだ国際化戦略において日本の中小企業を支援しています。 これらは、すべての製品分野で事業を展開し、属するさまざまな分野で日本の生産の卓越性を表す製品を提供できる企業です。 企業の国際化がますます重要な側面になっている現在、ジェトロは日本市場とその製品を扱うのに最も適した対話者です。」 Mangia はその後、(税関の観点からではなく Montanari が) 説明した。 このコラボレーションにより、ヨーロッパのすべての食品とワイン製品 (約 40%) に対する関税が撤廃されます。 日本は、ヨーロッパの厳格な食品および飲料の規則と基準に適応する必要があります。」

「46のイタリア製品を含む205の欧州IGP食品が日本に認められ、偽造品との戦いを促進し、Made in Italyを保護します。 EPA にリストされている製品は、偽造のリスクが最も高く、審査条項は、将来の IGP 製品の拡大を検討しています。 日本はイタリアの第 6 位の貿易相手国であり、65 億ドル相当の商品を輸出し、40 億ドルを輸入しています。 この協定で最も支持されている分野は、農業食品(最大 180% 増加すると主張する可能性がある)と牛乳です」と、Il Giornale で Luigi Gioja は書いています。

日本は世界有数のチーズ輸入国です。イタリアにとって、日本は約 7,000 万ユーロの収入源となっています。 さらに、企業の日本市場への参入を妨げている主な非関税障壁は、欧州における日本車の輸入関税である EPA によって実質的に取り除かれます。 ワインには15%の関税。 他のカテゴリーの料金を段階的に引き下げます。 パスタからチョコレートまでの加工食品についても一貫して譲歩し、日本はコメに対する関税を引き続き適用します。 「EUは合計で860億ユーロ相当の商品とサービスを日本に輸出しており、東京はアジアにとって中国に次いで2番目に大きな貿易相手国となっています。 欧州の輸出は最大 13.2% 増加して約 135 億ユーロになると予想され、欧州企業は 10 億ユーロ以上節約できます。 さらに、日本の主要 54 都市や鉄道関連の契約にアクセスできるようになります。」 Luigi Gioja は Il Giornale で書いています。

欧州企業にとって非常に魅力的な市場である日本では、欧州企業が入札に参加しやすくなります。 EPA に関して、日本への輸出に関心のあるイタリア企業は、協定で規定されている特恵関税の恩恵を受けて、出荷された製品がヨーロッパ/イタリア原産であることを証明する必要があります。 EPA 協定は、製品の原産地を証明する 2 つの代替方法を規定しています。Rex システム (登録輸出システム) による原産地の宣言。 いわゆる「輸入業者の知識」であり、スピーカーによって説明された技術的側面です。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。