F1ドライバースーツの価格は? お支払い金額はこちら

F1 ドライバーは、服装に関しても厳格な安全プロトコルの対象となります。 ジャンプスーツの価格はこちら。

F1 は世界で最も危険なスポーツの 1 つですが、この 30 年間で安全性は大幅に改善されました。. の死 アイルトン・セネ ローランド・ラッツェンバーガー 1994 年のイモラでは、パイロットの命を最優先するのに適切な時期であると理解した主催者の意見が一致しました。

F1 (ANSA)

その後の数年間に行われた多くの改善のおかげで、2014年の悲劇的な日本GPまで、20年間死亡者は記録されませんでした.悲劇はF1を揺るがしました. ジュール・ビアンキ. フランス人は数ヶ月後に死亡したブルドーザーとの衝突のために意識を取り戻すことはできませんでした。

私たちがよく知っているように、私たちが大好きなスポーツでは、運命は常に起こります。、しかし、パイロットの失踪を避けるために、私たちはいつでももっとできることがあります. 多くの進歩の中には、レコーディング用の Halo があります。 頭を守るためだけに生まれた 私たちのお気に入りの、まだそのような高速で非常に長い間旅行するリスクは常にあります.

近年では、昨年7月のシルバーストーンでの関羽周の転覆のようないくつかの恐怖がありました 自分の足で出てきた人 アルファ ロメオ レーシング何年も前のクラッシュは、はるかに悪い結果をもたらしていたでしょう。

火は常に恐ろしい要素の 1 つですが、幸いなことに、フレームに固定されたタンクが破損する可能性はほとんどなく、テクノロジーによって炎が広がるのをほとんど防いでいます。 安全性の向上の側面の 1 つは、確かにスーツに関連しています。スーツは長年にわたって常に改善され、軽量で信頼性が高く、何よりも耐火性が向上しており、多くの命を救ってきました。

F1、スーツの作り方と費用はこちら

F1 ドライバー スーツの歴史は、スポーツの最初の四半世紀と 1976 年以降に起こったことに分けられます。. 転機となったのは、その年の 8 月 1 日にニュルブルクリンクのノルドシュライフェで起こった出来事であり、明らかに、主人公を目にした恐ろしい事故に言及しています。 ニキ・ラウダ.

オーストリア人は岩と彼の フェラーリ それは発火し、彼が受けた多数の火傷のために彼の命を危険にさらしました。 この場合、彼の命を救ったのは、何よりも他のパイロットたちの英雄的行為であり、 アーサー・メルザリオ真に驚くべき勇気の行動で彼を炎の地獄から救った。

この時期のオーバーオールもちろん、それらは難燃性ではありませんでした。その後、危険な事故が発生した場合に F1 ドライバーを支援する試みが大幅に進歩しました。 最初に、いわゆるプラン B が到着しました。つまり、消防士も使用するアスベスト スーツで、承認される過程ですべてのテストに見事に合格し、規制によって義務付けられました。

しかし、アスベストが健康に害を及ぼす可能性があり、発がん性が高いことが発見されたため、この解決策はすぐに放棄されました。 時間が経つにつれて、スーツはますます軽量で安全になり、今日使用されているものまで、明らかに難燃性であり、あらゆるタイプの温度に耐性があります.

今日のパイロットが着用するものは、軽量で耐火性の素材であるメタアルテミデでできており、 ノーメックス. 肩パッドは強化されており、12 秒以上の難燃性を含むさまざまなテストに合格する必要があります。これにより、救助隊が適切な距離に到着して消火器を作動させるまでの間、パイロットが火傷を負わないことが保証されます。

それは、この方向への進歩の大きな証拠を私たちに提供してくれました. ロマン・グロージャン彼は、2020 年にバーレーンで火事の地獄に閉じ込められました。 ハース 1周目でガードレールに激突。 車は炎に包まれましたが、フランス人ドライバーは自力で脱出し、軽度のやけどを負っただけでした。

これらの組み合わせの価格は非常に高く、それぞれ約 2,000 ユーロですが、デザインの背後にある研究を考慮すると、他に考えられません。 何年にもわたって、これらのスーツは多くのパイロットの命を救ってきました。彼らは今日、安全性を向上させ、ヒーローの健康を守るための多くの優れた専門家の努力のおかげです.

仕事、年金、ボーナス、障害のグループを入力してください – 104およびニュース

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です