IT関連

【IT】プログラミングをやったことがない人が必ず抱く「幻想」と、その正体

1: 田杉山脈 ★

一般向け経済誌が特集で取り上げるなど、相変わらずプログラミングが注目を集めている。「素人記者がプログラミングに挑戦してみた」といった記事も多い。

「やったことはないが、自分もプログラミングを始めればガラッと世界が変わるのではないか」と思っている読者も多いだろう。私もかつてはそうだった。

私がプログラミングを知ったのは中学生のときだ。出会った時期自体は早い。自分が持っていたパソコン用に簡単なゲームのプログラムを作り、遊んでいたこともある。

しかし、プログラミングに対してはずっと苦手意識を持っていた。見よう見まねでプログラムは作れるものの、どうして動くかはあまり説明できない。プログラミングを理解できている実感は全くなかった。「いつかプログラミングができるようになりたい」とずっと思っていた。

できるといっても無数のレベルがある
私がプログラミングをきちんと学ぶきっかけになったのが、2005年に日経ソフトウエアという雑誌の編集部に異動したことだ。

日経BPの雑誌は書店を通さない定期購読タイプが多いが、日経ソフトウエアは書店売りの一般向けプログラミング雑誌である。基本的には外部の執筆者に原稿を依頼することが多い。ただ自分で記事を書くこともある。

プログラミングを学ぼうと思った理由は2つある。1つは自分がプログラミングの記事を書かなければならなくなったこと。もう1つは外部執筆者のプログラミングの実力を見極める必要があったことだ。

関連記事:プログラマの実力偽装を考える──初心者と中級者を分けているもの
学習のために使うプログラミング言語には「Scheme(スキーム)」を選んだ。教育用によく使われていた言語で、実用的なソフトウエアの開発にはあまり使われない。実用的な言語を選ぶと、固有の文法やライブラリーといったその言語だけの事情に引っ張られてしまうのではないかと考えたのだ。言語にとらわれないプログラミングの本質を学びたかった。

当時、Schemeを使ってコンピューターサイエンスの基礎を学ぶ勉強会が週に1回開催されていた。そこで、その勉強会に欠かさず参加するようになった。勉強会は2~3年続き、それなりの量のSchemeコードを書いた。この経験が、自分のプログラミングの基礎になっていると思う。

こうして少しはプログラミングができるようになって初めて分かったことがある。「プログラミングができるといっても、そのレベルの幅はとんでもなく広い」ということだ。プログラミングが少しできる人と最上位レベルのプログラミングの実力を持つ人の差は、想像以上に大きかった。
以下ソース
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00682/021200027/

no title

2: 名刺は切らしておりまして
>>1
2chのコード改良したLinux板の住人は尊敬する

 

34: 名刺は切らしておりまして

>>2
Unixではなかったかぬるぽ?

>>28
子供にはプログラミングの前に考え方の授業だなんてよく言われるけど、
伝え方の学習にはなるかもね。

 

40: 名刺は切らしておりまして
>>34
ガッ!

 

41: 名刺は切らしておりまして
>>2
gzipしてなかったって
それまでが適当すぎない?と思ったがそうでもないのか

 

119: 名刺は切らしておりまして
>>2
まぁ当時はガチのプロがかなりいたからなぁ
ニコニコのこいづかさんとかもその一人らしいし

 

384: 名刺は切らしておりまして
>>2
UNIX板だろ

 

3: 名刺は切らしておりまして
>>1
C++から返ってくるエラーコードが超適当ってのが分かったからやめた

 

4: 名刺は切らしておりまして

>>1
Schemeって初めて聞いたわ
この記者はセンスなさそうだから異動願い出したほうがいい
読者が迷惑

っていうか日経なんとかっていうのは時代遅れの情報しかないから読まないw

 

6: 名刺は切らしておりまして
>>4
Lispの亜種

 

25: 名刺は切らしておりまして
>>4
Schemeを知らずにエンジニアやってるんなら管理職目指したほうがいいよ。

 

27: 名刺は切らしておりまして
>>4
初めて聞いた?恥ずかしい奴だな

 

62: 名刺は切らしておりまして
>>4
2000年中頃までの2chプログラム板だと、Scheme がいまの
Haskell くらいのポジションで、関数型言語の最高峰みたいな
イメージだったんだよ。選ばれた強者のみが Scheme スレに
書き込めるような感じだった。

 

385: 名刺は切らしておりまして
>>4
Schemeすら知らないお前が一番アレだろ

 

76: 名刺は切らしておりまして
>>1
そんなことはプログラミングをやらなくてもわかることだろう

 

88: 名刺は切らしておりまして

>>1
プログラムなんて日々の自分の行動をどう考えているかって
改めて日記にしたためたみたいなもんでしかないって

プログラム言語はそれを表現することばみたいなもんでさ

特段難しいわけじゃない
論理的な思考で普段から生きてるか否かの差が出るってだけ
プログラマに女が少ないのはそれが理由

 

120: 名刺は切らしておりまして
>>1
この著書のこのシリーズの記事はいい
エンジニアの報酬を決める立場の人間はエンジニアの立場でないことが多いので、
できるエンジニアとできないエンジニアの能力差が天と地ほどあるということをどんどん広めてほしい

 

383: 名刺は切らしておりまして
>>1
魔法使いだと思われているが
知っていれば誰でもできる仕事

 

8: 名刺は切らしておりまして
プログラミングの差なんて理解できないから
ミジンコがアインシュタインの脳内を理解する行為に等しい
筆者のプログラミングの実力を見極めるためといった動機がまず間違ってる
こんなんだから、あんな頓珍漢な内容になってるんだろうな、日経は

 

10: 名刺は切らしておりまして

>プログラミングができるといっても、そのレベルの幅はとんでもなく広い

ソフトウェアはとりあえず動くものが作れるようになるには、ものすごく敷居が低い。
というかほとんど敷居なんかない。
それが他の工学分野と違うところ。
個人的な偏見だけど、ソフト屋には勘違い野郎が多い。
ろくに知らなくても動くものを作れちゃうからな。

 

11: 名刺は切らしておりまして
hello worldとパソコン画面に出せるだけだった。

 

13: 名刺は切らしておりまして
プログラミングが出来ると女の子にモテモテだと聞きました

 

14: 名刺は切らしておりまして
ハローワールドと文字が出るところで、そりゃ最初にそう出る様に打ち込んだしなって
冷めた目で見てしまい、こんなの積み重ねていつになったら凄いものがプログラミングができるのだろうと
気が遠くなった。
その後の「代入」を表現するとき、「箱に入れる」という言い回しに気持ち悪くなった。

 

199: 名刺は切らしておりまして
>>14
HELLO WORLDを表示させることにはまったく意味がない
表示されたことによってプログラミングの環境が整ったことを確認するもの
って死んだ伯母さんか言うてた

 

404: 名刺は切らしておりまして
>>14
でもその表現が一番的確じゃね?メモリ領域を確保とか言われた方がしんどいだろ

 

16: 名刺は切らしておりまして
COBOLとFORTLAN、PL-1なら自信アルで

 

82: 名刺は切らしておりまして
>>16
今年58歳でしょ

 

266: tree d
>>16
地獄みたいな案件しかない言語やな

 

22: 名刺は切らしておりまして

上から下
条件分岐
繰り返し

この3つだけだけど

 

37: 名刺は切らしておりまして
>>22
これに尽きるよね

 

188: 名刺は切らしておりまして
>>22
君よく分かってるね

 

240: 名刺は切らしておりまして
>>22
と思うやろ
ヘッダの扱い方とかバージョン管理とかのプログラミングとは直接関係ないことを覚えないと話にならない
書いて終わり動いて終わりではない

 

366: 名刺は切らしておりまして
>>22
構造化レベルで止まってる老害乙w
古い本だが「アルゴリズム+データ構造=プログラム」みたいな本を読むことを勧める

 

476: 名刺は切らしておりまして
>>22
イベントループとかはどうなるの?

 

26: 名刺は切らしておりまして
c# いまやプロパティであれこれ設定できるから楽よ。
cなんてフォント変えるだけでも気が滅入る。

 

54: 名刺は切らしておりまして
みんな最初は何をきっかけに始めれたの?
c#の絵本を買ってみたけど、全然面白くならんというか、修行僧のように延々と文法ばかりで……

 

56: 名刺は切らしておりまして
>>54
漠然と学習はじめた時は一切進まなかったけど、
忘れた頃に全然別のやりたいことが見つかって
必要になってからのほうが100倍早く覚えたぬるぽ。

 

59: 54
>>56
そうかぁ。ただ単に守備範囲広げたいと思って始めても動機が弱いよね…
インフラも開発側の目線があったほうがいいかなと思ったけど、まだ始めるタイミングじゃないのかも。ありがとう。
ガッ

 

60: 名刺は切らしておりまして
>>54
パソコンがwindowsならアクセス、iphoneとかipadを使いたいならファイルメーカーで
データ管理ソフトを作れば

 

139: 名刺は切らしておりまして
>>54
これオススメ
プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみよう (単行本)
平山 尚(株式会社セガ) (著) 1980円

 

235: 名刺は切らしておりまして
>>139
ありがとう。レビュー見たら挫折してる自分にぴったりそうだからポチッた。
焦らず地道にやってみるよ。

 

325: 名刺は切らしておりまして

>>54
その系統の本を読んだあと
ブラック企業に転職して
いきなり炎上案件に放り込まれ
罵倒と嘲笑を受けながら、毎日終電、土日も出社
いよいよ納期に近付くも完成できずに徹夜数日、
幻聴うるさくて集中できなかったがなんとか完成
って言うのを数プロジェクト繰り返してたらやっと普通に働けるようになってた。

その間、精神科に2回はかかった。

 

490: 名刺は切らしておりまして
>>54
Web上のプログラミングスキル診断オススメ、お手軽なのはpaiza とか

 

55: 名刺は切らしておりまして

プログラムというかコンピューターが全く分からない人が言う事

5Gで世界が変わる
AIで世界が変わる
スマホで十分

実情が分かってないよね

 

147: 名刺は切らしておりまして
>>55
似たパターンで
ドローンで…
EⅤで…
自動運転で…

 

99: 名刺は切らしておりまして
プログラミングの技量は試験じゃ測れない
書けても正しく動かなければ意味がないしな

 

160: 名刺は切らしておりまして

俺が正解を言おう。

プログラミングが出来るか否かは数学的センスかなきゃ無理。

俺が証明してる。

 

174: 名刺は切らしておりまして

>>160
いや、数学的センスとやらで証明しろよ。

命題: 数学的センスはプログラミングの必要条件である

 

161: 名刺は切らしておりまして
ゲームなんかだとむしろシナリオライターの素質が求められるのではないか?

 

162: 名刺は切らしておりまして
実用面で差がつくのはハードウェアの知識じゃね
こっちでは動いてあっちでは動かねえなんてのがほぼ日常だし

 

167: 名刺は切らしておりまして
PCで何が出来る?何をさせたい?
ここから始まるんだよ、漠然とプログラミングをして見たいじゃな。
言語選んで、環境を構築できればそれなりに出来る。
どうもお遊び程度のようなので、そこで満足しておけ。
開発なんぞ、その程度では使い物にならんからな。

 

168: 名刺は切らしておりまして
通常プログラマに求められる仕事って、実装が簡単なものだと思うぞ
実装が難しいような仕事はプログラマには無理だろ
プログラマって手書きの原稿をタイプで打って清書する機械のような仕事だ
裁量があるような仕事を大勢でやるのは、無理だから

 

275: 名刺は切らしておりまして

>>176
ネットワークで言うと

初級 Pingが打てる。
中級 CCNAを持っている。
上級 CCArを持っている
最上級 CCArを持っている人を雇用している

かな?

 

178: 名刺は切らしておりまして
>>170
> 自分で作りたいものが作れるレベル
作りたいもののレベルによるけど、これができれば一人前だな。

 

200: 名刺は切らしておりまして
なぜコンピューターが作動するのかを知りたいならアセンブラだな

 

202: 名刺は切らしておりまして
ITパスポート(笑)

 

204: 名刺は切らしておりまして
文系プログラマー、SEはかなり多いだろ
理系で頭のいいのはべつのところへ回される可能性
研究方面など

 

221: 名刺は切らしておりまして
自分で書いたコードでもしばらく手を付けないと
意味がわからなくなる

 

233: 名刺は切らしておりまして
APIを知らないとなんにもできない

 

248: 名刺は切らしておりまして
アプリの力が100だとするとプログラマーの力は1ぐらい
これをひたすら足し合わせて100に近づけていく工程が
プログラミングだと俺は思ってる

 

251: 名刺は切らしておりまして

上には上がいる

当たり前

 

283: 名刺は切らしておりまして
ハードウェアリソースの限界を考えずにメモリガバガバ使うプログラムとか多すぎ

 

298: 名刺は切らしておりまして
スペシャリスト数人抱えるよりジェネラリスト()一人の方がランニングコストとクオリティ低く出来るからな

 

310: 名刺は切らしておりまして
本人はプログラマだって言ってたけど新機能の策定から全部やってた

 

313: 名刺は切らしておりまして
俺は血反吐穿いたけど(笑)

 

319: 名刺は切らしておりまして
プログラミングの勉強したのってIT業界辞めてからだな
当時は、ただひたすら設計とトラブルシューティングに明け暮れていただけで
当時はケータイバブルで考えている暇すらなかったけど

 

322: 名刺は切らしておりまして
IT革命で失敗した日本

 

324: 名刺は切らしておりまして
男は黙ってCOBOL

 

335: 名刺は切らしておりまして
BASICしか知らないが、それだけで20年食えてるわ

 

359: 名刺は切らしておりまして
>>335
良いんじゃないですか?
何を作るのかが仕事なら道具は知り尽くした一個でも

 

374: 名刺は切らしておりまして
幻想ね・・・学校でプログラムをやらせる意義にも繋がってくんだよなぁ
先生はこの幻想と現実を教えられるんだろうか
究極的には「めんどくさい事を機械にやらせる」のがプログラムなのだがそれすら教えられない気がする

 

376: 名刺は切らしておりまして

レベルの幅の正体はこれよ
1人のプレイングマネージャーとしての質
そして何人分のプレイングマネージャーを同時にこなせるか

だから最下級と最上級でいくらでも差がつく
下級からは上級の世界は見えないから話が噛み合わない

 

405: 名刺は切らしておりまして
no title

 

406: 名刺は切らしておりまして
>>405
これ中々的確で面白いよね(´・ω・`)

 

407: 名刺は切らしておりまして

>>405 これは初めて見た。
それぞれの絵が表現してる比喩が今ひとつピンとこないなぁ。

真面目な皮肉なんだろうけど、こういうのは
首吊ってる人の絵でオチてほしい(鉄拳方式)。

 

408: 名刺は切らしておりまして
最近のプログラムはアルゴリズムを考えるよりライブラリをいかにうまく使うかだからなぁ

 

429: 名刺は切らしておりまして
>>408
外注に頼むレベルの仕事は、そのとおり。

 

415: 名刺は切らしておりまして
人は忘れる生き物だ

 

416: 名刺は切らしておりまして
4行目を書き始めた頃には、
先頭行で何をしているかを忘れている
それが人間

 

436: 名刺は切らしておりまして
プログラミング学習ブームって、別にそれはそれでいいんじゃね
それ一本でメシ食ってこうとか、超級ハッカーになりたいとかだとそりゃ無理だけど、
教養として習う分には面白い分野だし
記事で書いてる、ちょっと触れば何でも出来るようになるわけじゃない、みたいなのだって
実際プログラミングを勉強した後でないと出てこない感想なわけで

 

457: 名刺は切らしておりまして
>>436
それが目的になってしまってるよね
総じて頭が悪い

 

438: 名刺は切らしておりまして
私はフルスタックエンジニアになりたいと思います
という文系未経験者ばかりいるけど、その単語どこで吹き込まれた?

 

441: 名刺は切らしておりまして
目的もなしにプログラム作れるもんなのか
プログラミングのために勉強してるやつ、尊敬するわ

 

445: 名刺は切らしておりまして
>>441
所詮手段だからなぁ

 

460: 名刺は切らしておりまして
コード書くには文法的センスが必要だけど、ロジック考えるには数学的センスが必要だからどっちも楽しめる奴はなかなかいない
と勝手に思ってる

 

470: 名刺は切らしておりまして
微分
積分
いい気分

 

528: 名刺は切らしておりまして
YoutubeのPython動画みて勉強してるけど、なかなかムズイね。 これからOOP編。 ちょっと英語になまりあるのが気になるが、なかなか丁寧だね。

 

532: 名刺は切らしておりまして
そもそも能力差があるに決まっているのに。同じように学校に行ったって、出来るやつには追い付かないわ。

人気の他サイト記事

人気のアンテナサイト

-IT関連
-

Copyright© ムームー速報 , 2020 All Rights Reserved.