JAPAN Tokyo、移住労働者保護のためのカウンセリングサービスを開始

ライジングサンでは、深刻な人口危機があり、外国人に門戸を開いています。 現在、172 万個ありますが、6 個以上が必要です。 多くの場合、彼らは虐待や抑圧的な状況の犠牲者です。 JP-MIRAI – 複数の言語で – 移民が問題を解決し、紛争を解決するのを支援することを目的としています.

東京 (AsiaNews) – 日本は、先進国の中で、外国人労働者に国境を開放することに最も消極的であると一般的に言われています。 しかし、人口動態の危機がすでに完全に観察されているため、東京都は近年、地元の労働力不足に対処するための重要な措置を講じ始めています。 今日、朝日が昇る中、約 172 万人の外国人が居住し、働いています。これは 10 年前の 2.5 倍です。 ただし、かなり下 674万人の移民労働者の推定しきい値 国は2040年までに必要になります。

日本における外国人労働者の状況は非常に困難であり、移民は十分な支援を受けていないため、しばしば不当な扱いを受けています。 数週間前、宮城県で、仕事を辞めざるを得なくなり、権利を主張するために地元の労働組合に加入することを決めたベトナム人労働者3人が、 組合からの脱退を要求する アブストラクトを申請できる前提条件として。 しかし、今年初め、北海道の会社は、工場で働いていた外国人従業員から「職務を怠った」として、200 万円 (約 17,000 ユーロ) の損害賠償を求めました。 労働条件の改善を求めてストライキを行った.

身体的暴力に関しても、外国人はしばしば抑圧的な現実に対処しなければなりません。 1 月、ベトナム人の技術実習生が 2 年間の労働を非難した。 乱用 彼らの日本人の同僚によって、彼らの何人かは複数の唇の骨折または縫合をもたらしました. 労働者は、職業紹介所と会社に正式な謝罪と補償を要求しました。

これらおよびその他の困難に対処するには、 JP-MIRAIが運営する外国人向けコンサルティング会社 (責任ある共生社会に向けた移住労働者のためのジャパン・プラットフォーム)は、独立行政法人国際協力機構、地方自治体、労働団体によって設立された独立機関です。 このサービスは、北京語やベトナム語を含む複数の言語で利用できます。 外国人労働者が職場での問題を解決するのに役立ちます 未払いの賃金、ビザの問題、健康管理など。 JP-MIRAIは、外国人労働者と企業経営者との仲介役として、従業員の悩みや不満を匿名で経営者に報告することを目的としています。 また、問題が特に深刻な場合、プラットフォームのコンサルタントは労働者に弁護士を紹介して法的措置を取ることができます。

今のところサービスは1つです パイロット段階. このイニシアチブは、トヨタやセブン&アイ・ホールディングスを含む日本企業8社から資金提供を受けており、これらの企業の従業員はJP-MIRAIのアドバイスから恩恵を受けることができます。 初年度は最大 20,000 人の労働者がこのサービスにアクセスでき、来年は 200,000 人、2024 年には 100 万人に拡大される可能性があります。この目標は野心的であり、その有効性を評価する前に待つ必要があります。企業(一部の企業は、参加を一般に公開しないことを希望しています)は、当面の間、任意のままです。 職場での人権擁護への圧力が世界中で高まる中、日本でも何かが起こっています。 まだ道のりは長いですが、取られた対策は正しい方向に向かっています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。