JURI ZANOTTI EAT SUSHI, THE GOOD! ジャパンカップです

金曜日、私たちはイタリアからそれをあなたに伝えました ジュリ・ザノッティ の初版に参加するために日本に飛んだ MTBジャパンカップ2020年東京と同じコースで静岡県で開催されたクラス1のクロスカントリーレース。彼と一緒に、女子ワールドカップの2人のトップライダー、オランダのアン・テルプストラとオーストラリアの「レブ」マコーネルもいました。

彼らは義務を果たし、レッコ出身の 23 歳は男子オープンで優勝しました。 彼の後ろには司会者の平林有里が1分ほど離れており、表彰台の3段目にはシンガポールから日本にやってきた24歳の少年、ハキム・ビン・ルクマンがいた。 女の子の中で、テルプストラは明らかに「オージー」に自分自身を課しています。

メンズ エリート フィニッシング オーダー

1 ジュリ・ザノッティ | | BMC MTB レース 1:27:00

2 平林あり | 日本 1:28:05

3 リヤド・ハキム・ビン・ルクマン | シンガポール 1:35:56

4 山本浩平 | 日本 1:37:07

5 宮津朝日 | 日本 1:37:58

6 チョン・キン・ライ | HKG 1:23:21

7 竹之内優 | 日本 1:23:49

8 松田健太郎 | 1ターンでJPN

9 戸谷亮二 | 1ターンでJPN

10 小林由紀 | 1ターンでJPN

エリート女性の到着順

テルプストラ1年 | オラ | ゴーストファクトリーレース 1:15:04

2 レベッカ・エレン・マッコネル | オーストラリア | 本物のプリマフロール モンドレーカー 1:19:26

3 小林あかり | 午後 1:20:10.0

4 アリアナ・テア・パトリス寮 | フィリピン 1:27:05

5 シャグネ ポーラ ヤオヤオ | フィリピン 1ターン離れて

Shimabukuro Kasumi

「悪のクリエーター。学生。情熱的なゲーマー。筋金入りのソーシャル メディア オタク。音楽ジャンキー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です