K?の新作『ラブライフ』。 深田じ in ベニス 79

深田浩二の新作、 人生の愛そして、での競争で発表されます 79. ベネチア映画祭 テオドラフィルムのおかげで、日本と同時に9月9日にイタリアの劇場で公開されます. 現代日本映画の最も偉大な作家の一人と考えられており、すでにカンヌで賞を受賞しています。 ハルモニウム、深田は、魅惑的で感動的な人生の予測不可能性を反映した、並外れた女性の肖像画に署名します。 映画の主人公妙子(木村文乃)は、夫と孫の啓太と静かに暮らしていたが、妻が何年も連絡をとっていなかった実の父親が帰ってくるという劇的な出来事が起こる…。

タイトル ラブライフ 坂本良一、パット・メセニー、ピーター・ガブリエルらの元コラボレーターである矢野顕子の同名の曲にインスパイアされています。 “この映画のことを15年間考えていた」と監督は言います。いつも頭の中に響く歌手・矢野顕子の声で「どんなに離れていても愛してる? 永遠に’。 と? 各メタの孤立感? 悲劇に直面しようとしているカップルの“。

小包

1980年生まれ。大正大学で文学を学び、東京映画学校で演出を学び、黒澤清に師事。 長編映画のデビューは 椅子 (2004)、それに続く 人間喜劇 東京で(ローマ映画祭で発表)、国際的な人気は2010年に到着しました ホスピタリティ (艦隊これくしょん)が東京国際映画祭を受賞。 後 夏よさようなら (ほとりの作子、2013) さよなら (2015)、2016年に彼は署名しました ハルモニウム カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞し、新しい日本映画の第一人者としての地位を確立した『淵に辰』。 2018年、深田はフランスでシュヴァリエ・ド・ロルドル・デ・アーツ・エ・デ・レトルに選ばれ、インドネシアで国際共同制作を撮影した。 海の男 (海を駆ける)。 彼の最新の映画の中で目立つ 女の子が消えた (横顔、2019年、ロカルノで発表)と彼がデザインしたテレビシリーズの劇場版、 本物 (ホンキの印:劇場版)、2020年カンヌでの公式セレクションで終了。日本インディペンデント・フィルム・ギルドの創設者であり、是枝裕和と共に日本版CNCの作成のプロモーターであり、パンデミックの間、彼は従事している浜口亮監督と ドライブマイCar、独立した映画館を支援するための募金キャンペーンで、大成功を収めました。


Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。