Leonardo UKと三菱電機は、日英戦闘機センサー開発プログラムを共同で継続しています

ファーンバラ国際航空ショーで、Leonardo UK と三菱電機は、2 月に初めて公開された JAGUAR レーダー技術デモンストレーターのコンセプトについて合意に達したと発表しました。

Jaguar Laboratory の活動のデモンストレーション 将来の技術の開発 エレクトロニクスの R&D Edinburgh Crewe Toll

英国と日本の防空電子機器のリーダーである両社間の合意は、今年初めの事前設計作業と共同実現可能性調査の完了に続くものです。

パートナーは活動の共有に同意し、システムの開発を実行するためにそれぞれの国防省と契約を結びました。

このプロジェクトは現在急速に進んでおり、FCAS (Future Combat Air System) のパートナーシップに対する Leonardo のより広範なアプローチに沿って進んでおり、FCAS では、アジャイルな意思決定とシリコンバレーからインポートされた変換モデルによって緊密なコラボレーションがサポートされています。

JAGUAR は、FX/FCAS プログラムの枠組みの中で日本と英国が表明した野心的な要件を満たす国際レーダー プログラムの最初の主要な要素を表しています。

JAGUAR での作業によって生成された技術と知識は、ISANKE & ICS システムの開発に使用されます。
(統合センシングと非動的効果 & 統合通信システム) 次世代テンペスト戦闘機。

ISANKE は、航空機に搭載された機能の「ネットワーク」を表し、第 6 世代センサーの可能性を活性化し、個別の単一機器から統合システムに移行します。 一方、ICS は ISNKE をより大きな FCAS システムにリンクします。

Leonardo UK と三菱電機の関係は強化されており、今年も両社は ISANKE サブシステムのさらなる統合の実現可能性を確認しています。

2021 年 12 月、日本と英国は、戦闘技術の開発に関する協力議定書に署名しました。 パートナーは現在、サブシステムのさまざまな技術開発を行っており、メイン プラットフォームでのコラボレーションの可能性もテストしています。

ソースと画像 レオナルド プレスオフィス – メディアハブ

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。