Moto Guzzi Griso 1100、筋肉質のストリートファイター

日本人は魅力的な民族です。 彼らは本土から遠く離れた島に住んでいるため、ルーツや伝統と強いつながりを持っています。 同時に、テクノロジーとイノベーションは、生活のあらゆる面で常に彼らに付随するドグマです。 惹きつけ共存するエクストリーム 大都市(東京には約1,400万人の住民がいます)内の熱狂的な社会と、神道や仏教の寺院がいたるところに芽生えている市壁のすぐ外側の「スローモーション」で。

オートバイの世界、特にそれが際立っているカスタマイザーの世界でもバランスを見つけるクレイジーな二分法 このかなり特別なモト・グッツィの作成者である勝本健二別名カツ モーターワークス 私たちがBikeExifの「ページ」の中で見つけたもの(写真は松本一夫、別名Steeldogによるものです)は、Griso 1100の技術的および機械的基礎から顧客によって注文されました.

2005 年から 2016 年にかけて生産されたイタリア製パワークルーザーは、ベッジオ時代 (すべてをピアジオ グループに売却する前は、アプリリアとラベルダの元オーナー) の最も興味深いものの 1 つであり、トランスバース 90 の避けられない 2 気筒だけが特徴ではありませんでした。 ° V (2006 年までは 4 バルブ、その後は 8 バルブ)、エンジンの上でほぼ水平に走る大きな「アーム」を備えた管状フレームから、最終シャフト トランスミッションが隠されている大きな片面アルミニウム アームにボルトで固定ユニバーサルジョイント。 要するに、ステージの存在感と筋肉に効果的なシンプルな2つのラインです。

2006年モデルをベースに製作されたカツ・マターワークスのスペシャル(V8のシャシーパーツを追加) ストリートファイターのキャラクターを極限まで押し上げ、日本の文化に素敵なタッチを加えて、その本質を取り戻します 折り紙の哲学に従ってアルミニウムを折りたたむことによって得られる先細りの上部構造の構成では、切断や接着なしで単一のシートから図形を作成するために使用される紙を折りたたむ有名な芸術です。

このように勝は、タンク、テール (小さな LED スポット ライトが組み込まれている)、フロント フェンダー、イタリアン ツインの頭部に配置されたサイド カバーをモデリングし、オートバイの傾斜を満足させるために四角で角張った形状を探しました。ストリートファイターやカフェレーサーなど速いバイクが好きなお客様。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です