MotoGP、世界選手権の最終戦6戦。 どちらがバニャイアとどちらがクアルタラロを好むか – OA Sport

Francesco Bagnaia は壮大な偉業に挑戦したいと考えています. 4 連勝 (アッセン、シルバーストーン、レッドブル リンク、ミサノ) により、ドゥカティ ファクトリーのチーム ライダーは ファビオ クアルタラロとの差を最大 30 ポイント縮める. 夏休み前の状況を考えると、本当に奇跡のように思えます。 しかし、それどころか、それは奇跡ではありません。 非常に重い100ポイントを獲得し、ファビオ・クアルタラロにプレッシャーをかけたトリノ人に感謝します。

選手権終了まであと6レース。 勝つために150ポイント. 明らかに「ペッコ」がその高い集中力レベルを維持できる場合にのみ、何かが起こる可能性があります. この時点で、私たちはただ 2022年のMotoGP世界選手権のフィナーレでカードを少しやろうとしています. 6 つのトラック、6 つのグランプリ、バニャイアにとって非常に多くの機会があり、プレミア カテゴリーでの最初のタイトルを獲得するために自分自身を超えようとする必要があり、現在の世界チャンピオンのようなライバルに直面し、もはや何も与えることができなくなります。誰にも。

2022 MOTOGP WORLD CHAMPIONSHIPの最後の6つのイベント

9月18日 – アラゴンGP、モーターランド:ドゥカティにとって本当に大きな疑問符です。 非常に少数のライダーが好きで、非常に多様なレイアウトを持ち、全体としてGP22で躊躇しないトラックですが、シケインと突然のギアチェンジではヤマハが好まれる可能性があります. クアルタラロは 2020 年に優勝し、バニャイアは 2021 年に優勝しました。結果は完全なものになる可能性があり、ミサノで起こったことを考えると、バニャイアは本当にカムバックする可能性があります。

MotoGP、ミサノでイタリア人ダブル! Francesco Bagnaia はスプリントで Bastianini の前に出て、Quartararo から -30 にパスしました!

9月25日 – 日本GP、もてぎ: 世界の反対側への旅が始まり、2019 年以来開催されていなかった一連のレース: すべてが手に入ります。 ヤマハのホストにとっては、少しだけではなく、難しいでしょう。 日本のトラックは M1 にとって本当にタフで、バグナイアは茂木にとって理想的な GP22 でそれを利用することができました。 フランス人は 2019 年の MotoGP デビュー戦で 2 位、バニャイアは 13 位でフィニッシュしました。

10 月 2 日 – タイ GP、ブリーラム: バランスが最高に君臨する別のトラックであり、フランス人を助けることができる非常に多様な T3 のおかげで、長いストレートが計画されているにもかかわらず、実際、ヤマハが好まれる可能性があります。 クアルタラロは、マルク・マルケスとの見事な決闘の後、2019 年に 2 位を獲得しましたが、「ペッコ」は 11 位にとどまりました。

10 月 16 日 – オーストラリア GP、フィリップ島: 「エル・ディアブロ」の大チャンス。 この素晴らしいオーストラリアのトラックでのドゥカティは通常、多くの努力を払っており、ヤマヒステスはそれを利用することができました. M1にはカーブやアップダウンが縫い付けられているが、本当にそうなのか? ニース出身の彼にとって、MotoGP レースは見捨てられたものでしたが、バグナイアは見事な 4 位入賞を果たしました。

10月23日 – マレーシアGP、セパン: この場合も、非常に長いマレーシアのストレートと高速コーナーを利用して、Borgo Panigale チームが好まれる可能性があります (過去数年間の歴史家も考慮して)。 前例は、2 つの偉大なライバルの多くの対話者です。 2019 年の前回の大会では、フランス人選手が 7 位、旗手は 12 位でしたが、ここでも詳細 (そして天候ではない理由) が違いを生むでしょう。

11 月 6 日 – Ricardo Tormo、バレンシア コミュニティの GP: 今シーズンのグランドフィナーレを迎えました。 すべてが綱渡りで決まる可能性があり、もちろんそれは大きなショーを望む人々の希望です. しかし、Ricardo Tormo の名前が付けられたトラックは、カレンダーで最も壮観なトラックの 1 つではありません。 カーブが多いので、ヤマハは盾に戻ってきましたが、1年前はドゥカティのハットトリックでさえありました. クアルタラロはプレミア クラスで 2 位と 5 位を獲得し、一方、トリノ人は 2021 年の優勝を旗艦として掲げています。

クレジット: MotoGP.com Press

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。