OPEC+は最大200万バレルの減産を推奨

国債利回りへの圧力が緩和されたことに端を発したここ数日の上昇の後、ヨーロッパの株式市場は確実に赤字になっています。 という希望 中央銀行 経済の過度の減速により金利の掌握を緩め、戦略を緩和する m

これまでのところ非常に攻撃的です。 少なくとも以前のセッションでは、債券と株式のリターンを引き起こしたという希望がありましたが、それは短命でした.

この気候の中で、ミラノの FTSE MIB 指数はマイナス 2.08% の領域に移行しています。 ムーディーズ イタリアのソブリン信用格付けの最新情報を提供し、PNR からの逸脱、改革の実施の失敗、成長見通しの大幅な弱体化が格付けにどのように影響するかを強調しました。 マドリッド (IBEX 35 -1.96%) では Piazza Affari が最悪ですが、フランクフルト証券取引所 (DAX 40 -1.39%)、ロンドン (FTSE 100 -0.83) もシェアを失いますが、程度は低くなります。 %) とパリ (CAC 40 -1.15%)。 インデックス a も負です ウォール街FRBによる金融政策の緩和の仮説を払拭するいくつかのマクロデータの後.

米国の労働市場に注目

上のデータ職業 使用する。 金曜日のものを待っている間, Fed の決定を導くために基本的な, o の数字米国の民間部門の雇用、予想をはるかに超えて9月に上昇しました。 先月は 8 月と比較して 208,000 の雇用が創出されましたが、予測では 200,000 の雇用の創出が期待されていました。

米国のサービス部門の活動データも、予想をわずかに上回ったに過ぎませんでしたが、9 月も引き続き低調でした。 マークイットがまとめた中小企業サービス指数の読み取り値は、8 月の 43.7 から 9 月には 49.3 に低下しました。 期待度は49.2点。

その間、t’s が強まるモスクワとキエフの間の緊張 – によると、ロシアと 時間ウクライナとの国境で核実験を準備するだろう – そして太平洋の気温は、北朝鮮が日本上空で中距離大陸間弾道ミサイルを発射したことに対応して、米国と韓国によるミサイル実験で上昇している。フロント。 ガスプロム イタリアと欧州委員会の委員長に供給を再開することを決定し、 ウルスラ・フォン・デア・ライエンブリュッセルは「発電に使用されるガス価格の上限について話し合う準備ができている」と述べた。

ピアッツァ アッファリでサイペムをスキップし、車や銀行を避けて降りる

Piazza Affari では、ほとんどすべてが赤の Ftse Mib で、Banca Generali +2.67% が、Mediobanca による買収の可能性についての噂の中心に保存されています -0.92%。 セッションの最初の部分が上昇した後、Nexi は-2.67% で赤字になり、Stmicroelectronics は +0.87% でした。Stmicroelectronics は、イタリアに 7 億 3,000 万ドルを投資して、自動車および産業用アプリケーションのデバイスに対する需要の高まりをサポートする新しい工場を建設することを決定しました。 Tenaris -0.10% が主導する石油販売、しかし石油部門では Saipem +8.43% は例外であり、市場の目が OPEC+ 会議に注がれている一方で、セッション半ばでの主要市場の最高値です。噂によると、日量最大 200 万バレルの減産を決定する可能性があります。 自動車セクターは弱く、この段階で最も不利な状況の 1 つであり、ピレリと C は -4.22%、ステランティスは -3.41%、ヘラは -4.10%、エネルは -3.52%、バンコ Bpm は -3.16% の最悪のパフォーマンスを記録しました。 %。 10 月 10 日に開始され、同社の上場廃止を目指す Edizione-Blackstone の公開買付けに対しても、同社の取締役会から青信号が出た後、Atlantia の損害を制限すると、-0.26% になります。

ユーロ圏、PMI サービス指数、少なくとも 20 か月以上

9 月のユーロ圏中小企業サービス指数は、8 月の 49.8 から 48.8 ポイントに低下しました。 これは 20 か月で最小です。 サービスと産業の平均である複合指数は、8 月の 48.9 ポイントから 9 月には 48.1 ポイントに低下しました。 これは 19 か月で最小です。 50 未満の結果は収縮を示します。 S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフ・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、最終データについて次のように述べています。

スプレッドは237ポイント、利回りは4.3%

BTp と Bund のスプレッドは拡大しています。 実際、10 年物ベンチマーク BTp と同じドイツの満期との利回り差は、セッションの半ばに向かって 237 ベーシス ポイントで示され、10 月 4 日の終わりの 232 ベーシス ポイントよりも 5 ポイント高くなっています。 10 年物ベンチマーク BTp の利回りも、前回のベンチマークの 4.20% に対して 4.3% を超えて上昇しました。

OPEC+は最大200万バレルの減産を推奨

本日の OPEC+ 会議の開始時に、合同閣僚監視委員会は、1 日あたり 200 万バレルの石油減産を勧告しました。 これは、ブルームバーグの代理店によって報告されたもので、すでに過去数時間で、原油価格を支えるために生産が大幅に削減されるという話がありました。 最終決定は、本日ウィーンで 2 年ぶりに開催された閣僚会議に委ねられます。

一方、原油価格は小幅上昇した。 エネルギー面では、 ガス 自然: 1.8% の現在のスタートの後、11 月の契約は 165 ユーロ ゾーンのアムステルダムで進んでいます。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です