Padus Mirabilis が帰ってきた、パルマで開催された素晴らしい Po Events パーティー



地域の美食と醸造学の卓越性から、環境と自然への配慮に至るまで、多くの優れた音楽だけでなく、芸術、パフォーマンス、古代の伝統の再発見、楽しいアクティビティ、本のプレゼンテーション、老いも若きものためのワークショップを通過します。非日常を体験する機会が増える
2022 年 9 月 17 日と 18 日に予定されている「Padus Mirabilis」の第 2 版と待望の版のために、パルマ公爵の有名なイタリアのベルサイユであるサッカ ディ コロルノにある、その水路と多くの特異点を持つポーの自然の風景。


グレート リバーと水路の領土特異点に捧げられた 2 日間には、今年はセクション「A Po à l’Est」が含まれます。これは、川の水さえもが向かって流れるこれらの遠い土地を特別に見る機会です。海に到達する. 西洋の世界にとって、東洋は感情、不可能な欲望、空想を投影するエキゾチックな場所です.
現実をはるかに超えています。


BieBi Eventi が建築家 Vitaliano Biondi (Arvales Fratres) と共同で組織した “Padus Mirabilis” は、Colorno 自治体、Parma 自治体、パルマ県、Mab Unesco Po Grande の後援を受け、Bassin de 当局の支援を受けています。 la Po と、今年も、イベントやイニシアチブでいっぱいのカレンダーを提供しています。 入場料3ユーロ。 12歳まで無料。


料理とワインの卓越性と地域の特徴


伝統に則り、今年もパドゥスは美味しい料理、典型的な製品、地域の料理とワインの卓越性に関連するさまざまなイニシアチブを提供します。 ポー マーケット エリアでは、ボーレンギ オーブンが、かつてポー地域で流行していた古代のパンやその他の焼き菓子の試食で訪問者を楽しませてくれます。 メントーレ ネグリ ディ ポンポネスコ オーブンでは、やはりパンをテーマに、古くからある特定の種類のパンである神秘的なルアデルの試食を提供します。


ケータリング専門のトラペザ エリアでは、シェフのチャロ ヴァルが出席し (9 月 18 日 (日) 午後 12 時)、Masterchef の生演奏で、素晴らしいパエリア デル ポーを生演奏と共に味わうことができます。 俳優で古代穀物の守護者であるアンドレア・ゲルペリは、ポーの古代穀物の発見につながり、専門家でテイスターのマッテオ・ペッシーナは、ワイン愛好家や単純なワイン愛好家に、数多くのテイスティングを提供します。この地域の最高のワイン。 アンドレア・アルトーニは、レンティジョーネ・プラムの特徴的な品種であるズッキーニに特化したミーティングを主催し、その後、パン、バター、ジャムを添えたおいしいスナックを提供します! ジョヴァンニ・フィアミンギが、食べられる、つまり食べられる植物を発見するための好奇心旺盛な旅にあなたを連れて行きます。
自発的にPoに沿って、サラダに専念する会議で、サラダは家庭菜園にありました. ルチアーノ・カヴァンドリとジャンルカ・ボーレンギは、歴史的にレッジョ・エミリアの揚げ餃子とパルマの揚げケーキが挑戦し、混乱している「特異な競争」を明らかにしようとします.
また、「食べ物の姓の集まり」(ボレンギ、チポラ、サラミ、コッパなど)も開催されます。入場無料!


食文化とこの地域の素晴らしさは、GF Color の Light of Colorno が主催する地元の集団写真展 Io mangio でも祝われます。 Sandro Savoldelli Loda は、千年のお茶の飲み物に捧げられた一連の洞察を提供します。これにより、古代の歴史についてさらに学ぶ機会が得られ、その使用から多くの好奇心を発見することもできます。通貨として作られました。 要するに、最大限の内部参加でアプローチされる本当の儀式。


最後に、パドゥス オフ エリアでは、ドリンク付きのおいしい料理、ライブ DJ セット (BluToma Cocoimperiale)、レナート ゼロへのオマージュである ICARO コンサートがあります。 日曜日の夜のディナーには、90 年代の西海岸のエキゾチックで旅する魂とラテン音楽の情熱的でドラマチックな魂を体現するバンド「Penta’s」によるアコースティック コンサートが伴います。


大河に捧げられた文化と集会
パドゥスは、作家とのミーティングや本のプレゼンテーションの場にもなります。 ジャーナリストで Rai の特派員である Luca Ponzi は、実生活のエピソードに基づいていますが、Ponzi のような才能のあるジャーナリストのペンによって混合された、物語の背景としてポーを使用した物語のコレクションである Favole di Fiume を紹介します。 マウロ・カルボニは、パルマとその州の記念碑的な木々を発見する旅であるLiving Monumentsという本を紹介します。 作家グイド・コンティは、彼の作品『Il grande Fiume Po』と、彼が編集したザヴァッティーニとグアレスキに関するいくつかの本を紹介します。 最後に、アルトゥーロ・セレニが本を捧げます
セラー ディ コロルノでは、時間の経過に伴うポーの浸食により姿を消した多くの村の 1 つです。当時、干ばつにより遺跡が返還されました。


東洋をテーマに、パルマの中国・民族芸術博物館の副館長であるキアラ・アッレグリの詳細な研究にスペースが割かれます。ヨーロッパでは重要。 一部の会議では、イニシアチブのかけがえのない赤い糸であるポーに専念する予定です。 とりわけ、地元の観光回復戦略におけるグレート リバーの価値と可能性を反映する Padus turisticus や、9 月 10 日に開催される第 12 回非競技スポーツ イベント Discesa del Po の機会に。グランド・フルーヴでの11回のサイクリング、水泳、カヌー – Padusは、干ばつと水管理のテーマについていくつかの洞察を提供します. ザ・ポー
最後に、川船の展示販売を行います。


活動とワークショップ
今年もパドゥスは、大人と子供を対象に、自然、風景、周辺環境に触れる多くの体験型アクティビティを提供します。 コロルノの養蜂家であるバーバラ・アルベルティが、ミツバチの複雑な、そして残念なことにますます脅威にさらされている世界の秘密を語ります。 チェーザレ・コンティとパオロ・アファンニが、かつてポー川沿いに立っていた、今は失われている古代教会の痕跡を発見する旅に同行します。
とりわけ、サッカとサンギグナの教会を訪問する可能性。 アンジェラ・ザフィニャーニは、自然の庭とそのホストについて話します。 アンギラのボートとストラディバリのモーターボートに乗ったポーでの高く評価されたセーリングも戻ってきます。 Lidobeach のおかげで、日光浴愛好家は、パラソル、デッキチェア、デッキチェアを備えた、過去と同様にヘリオセラピー バスを体験できるようになります。 グレート リバーのほとりは、マウンテン バイク ラリー (トレカサリ シッサ市が主催) の舞台にもなり、Edoardo Borghetti による魔法のような刺激的な EdFly ワークショップが開催されます。世界最大の凧 (直径 40 メートル)。 このイベントには、凧作りのワークショップも含まれています。
子供と大人。


その後、カザルマッジョーレ ミュージアム オブ ビジューと共同で作成された、ジュエリーに特化した子供や家族向けのクリエイティブなワークショップが開催されます。
いつものように、多くの活動は子供たちを対象としています。毎日私たちを取り巻く危険に関連するリスクを遊びを通して体験する空間であるポンピエロポリ。 Oltrepassaparola 研究所は、単語ゲーム、音、音楽、ライティング、そして過去の重要な木製ゲームの研究と実験に焦点を当てていました。 その後、RiCiclo プロジェクトは、相互作用して楽しませることを提案するペダル メリーゴーランドを提示します。
シンプルで本格的な方法で2歳から10歳までの子供たち。 リサイクル素材で作られた 8 頭の黒い馬がいるエコロジカルな回転木馬は、自転車のおかげで回転する回転木馬によって動かされ、小さなライダーがアニメーション ゲームに参加します。


アート、ライブペインティング、ボディペインティング
多くのエンターテイメントの提案があります。マリレナ・チェンシ氏によるライブ ペインティングとボディ ペインティングの芸術的パフォーマンスに参加できます。マリレナ チェンシは、イタリアのボディペインティング チャンピオン (2014 年) とフェイスペインティングの世界チャンピオン (2017 年) であり、創造的な絵画の芸術で存在する人々を魅了します。 .モデルの本体に適用されます。 最後に、アレッシア・ブラガ(ポールダンス・カザルマッジョーレ・アクロバティック体操ASD)によるポールダンスの体験レッスンを行います。


少し東へ – 幸福
パドゥスが今年、日出ずる国とその千年の歴史を持つ文化に捧げる新しいスペース、ウン ポ アド オリエンテでは、人間と人間の調和、精神物理学的な幸福、バランスの探求に関連するさまざまなイニシアチブが開催されます。自然。自然。 アルド・イオッティが提供するワークショップでは美しい文字が中心となり、その技法と秘密が説明され、フィリッポ・パルテソッティが日本の書道の古代芸術である書道について語るワークショップが開催されます。 東洋の学問に触れる機会がたくさんあります。 これらの中には、太極拳 (Tiziana Castelluccio による)、インディアン ヨガ (Laura Giuzzi による)、ピラティス ポスチュアル ラボ & ハタ ヨガ (Efit Zone Yoga Pilates の Elisa Zani による)、ハンモック リラックス、またはサウンド バスとピラティスによる特別なサスペンション マッサージがあります。目を閉じた (ピラティス ヨガ ラボ アソシエーション、カティウスシア ペレオによる)。 クリスティーナ・ボナルディ (アクロバティック体操 – カザルマッジョーレ・アスド) はピラティスのエクササイズと筋肉のストレッチを提供し、パオロ・ボッキ (セントロ・ミラレパ) はタントラ・ヨガの分野を紹介し、最後にインダコはリラクゼーションを促進するホリスティック・トリートメントを提供します。




Ughi と Federica がキュレーションした Me Too – Recovering Expensive Things は、訪問者を、世界中から集められた香りのよい原材料の選択から始まる、感覚、嗅覚、視覚体験の旅に浸るように誘います。 その後、Catia Brancolini がキュレーションした中国、日本、インドの版画の展示が行われ、白茶、緑茶、紅茶のテイスティング専用のスペースが設けられます。一方、Sandro Savoldelli は木炭画のエッセンスを試す可能性のある墨絵イットゥーラを提供します。









Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。