Sym MMBCU、Ninja H2 でウィンクする新しいスクーター – ニュース

アジア諸国では、移動手段としてスクーターが好まれる (そして、交通量を考えると、より論理的である) というのは奇妙なことです。 彼は何かを知っている シンム、その車は非常に成功しており、現在全世界の道路を縦横無尽に横断している台湾のメーカーです。 多国籍企業の最新モデルは、 MMBCUスクーター100% 未来的な外観 (カワサキ H2 との類似点を発見した人もいます!)。 の 特に角張った線もちろん、彼らは気付かれずにそれを渡しません。

未来的なデザインに加えて、 角型ヘッドライト. それを押すには 150.8 cc 4 バルブ水冷エンジン. 残念ながら、この点に関してこれ以上の情報はありません。実際、Sym は出力とトルクに関するデータをまだ提供していません。 むしろ、サスペンションシステムには、テレスコピックフロントフォークと、プリロード調整付きのリアモノショックが含まれていることが知られています。 セキュリティを強化するために、 けん引制御デュアルチャンネル ABS. 新しい Sym MMBCU は、 13インチ アロイホイール そして体重136kg。 装備面では、スクーターには 完全にデジタル LCD スクリーン, a USBプラグ サドルの下にはフルフェイスのヘルメットを収納できる大きなコンパートメントがあります (まだスペースがあります)。 MMBCU は当面、中国と台湾でのみ販売されますが、他のアジア諸国の市場にもまもなく登場する予定です。 価格に関するニュースはありません。

ホンダ、公式になりました:日本で登録された新しいTransalp XL750

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です