The Last of Us Part 1は日本のランキングの表彰台に達していません: 新しいトップ10

ファミ通 8 月 29 日から 9 月 4 日までの 1 週間の日本の小売売上高が発表されました。 のフラグシップタイトルがリリースされた時期 プレイステーション5 のように、どのように ラスト オブ アス パート Iの再発行に加えて ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル 新しいバージョンで R.

の作品を題材にした格闘ゲームなら 荒木飛呂彦 のバージョンに関連する 19,807 のコピーでナンバーワンでデビューしました 任天堂スイッチ名作のリメイク やんちゃな犬 一方、彼は表彰台に上ることができず、さらに遅れをとっています。合計で 10,954 台を販売し、5 位でフィニッシュしました。 スタートは爆発的ではないかもしれませんが、日本のゲーマーの特定の好みと、日出ずる国のチャートが一般的にスイッチ用のソフトウェアによって支配されているという事実は、まだ考慮に入れなければなりません. 以下の 完全なトップ10:

  1. ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルR(Switch)
  2. 陸上防衛隊6(PS4)
  3. マリオカート8 デラックス(Switch)
  4. メイドインアビス 闇に落ちる連星(Switch)
  5. ラスト オブ アス パート I (PS5)
  6. Nintendo Switch Sports(スイッチ)
  7. マインクラフト(スイッチ)
  8. SDガンダム バトルアライアンス(Switch)
  9. メイドインアビス 闇に堕ちた連星(PS4)
  10. 星のカービィ(Switch)

旧大陸では、The Last of Us Part 1 が英国で最初に終了し、物理コピーの半分が販売されました。 セインツ・ロウ. 詳細については、The Last of Us Part 1 のテストで、Naughty Dog リメイクのすべての機能と品質が示されています。

最後に、ファミ通はハードウェア市場の売上高についても言及しており、Nintendo Switch OLED と標準モデルがランキングを独占し、その後に PS5 が僅差で続いています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。